Menu

Guide to the Masaki Motoi Collection of Japanese Student Movement Materials, 1959-2003, bulk 1960-1979

Abstract

Collection consists of Japanese books, periodicals and other printed materials relating to the Japanese student movement of the 1960s and later. The materials derive from the first confrontations of 1960 provoked by the Anpo treaty, through the protest movement's years of crisis and decay in the 1970s, but there are more recent materials as well. They are arranged as originally ordered, by formats. Items of interest include radical left-wing student newspapers, large flyers and smaller protest handouts, special issues from mainstream media outlets, clippings, and North Korean and former Soviet Union Communist propaganda. Notably, the collection includes a full 12-month run of the Japanese magazine, Kisetsu. Protest movement ephemera also includes original writings, chiefly mimeographed essays and manuscript submissions for publication. The collection is strong in material relating to the BUND movement (Kyôsan Shugisha Dômei), the rise of Zengakuren radicalism, and the birth of the Japanese Red Army Faction (Sekigun-Ha). Materials and this collection guide are in the Japanese language. Romanized titles are given for books and serials. The collection is part of a larger gift pertaining to the radicalization of the student movement in Japan, including books, a video, and other items which are now available as part of the holdings of the East Asian Collection in Duke University's Perkins Library.

Descriptive Summary

Repository
David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library, Duke University
Creator
Duke University. East Asian Studies.
Title
Masaki Motoi Collection of Japanese Student Movement Materials, 1959-2003, bulk 1960-1979
Language of Material
Japanese
Extent
72 Linear Feet, 3000 Items
Location
For current information on the location of these materials, please consult the Library's online catalog.

Collection Overview

The collection consists of Japanese books, periodicals and other printed materials relating to the Japanese student movement of the 1960s and later. The materials derive from the first confrontations of 1960 provoked by the Anpo treaty, through the protest movement's years of crisis and decay in the 1970s, but there are more recent materials as well. Original order of groupings arranged by format has been retained; within groupings, materials are in date order with a few exceptions. Items of interest include radical left-wing student newspapers, large flyers and smaller protest handouts, special issues from mainstream media outlets, clippings, and North Korean and former Soviet Union Communist propaganda. Notably, the collection includes a full 12-month run of the Japanese magazine, Kisetsu. Protest movement ephemera also includes original writings, chiefly mimeographed essays and manuscript submissions for publication. The collection is strong in material relating to the BUND movement (Kyôsan Shugisha Dômei), the rise of Zengakuren radicalism, and the birth of the Japanese Red Army Faction (Sekigun-Ha). Materials and this collection guide are in the Japanese language. Romanized titles are given for books and serials.

Part of the collection’s original printed material was featured in the landmark "1960s Graphism" exhibit curated by the Tokyo Printing Museum (Insatsu Hakubutsukan) in 2002. Other visual material of interest is available in the dedicated issues of Asahi Graph and Shisô included in the collection.

The collection is part of a larger gift pertaining to the radicalization of the student movement in Japan, including books, a video, and other items which are available as part of the holdings of the East Asian Collection in Duke University's Perkins Library.

Administrative Information

A majority of collections are stored off site and must be requested at least 48 business hours in advance for retrieval. Contact Rubenstein Library staff before visiting. Read More »

warning Access Restrictions

Collection is open for research.

Researchers must register and agree to copyright and privacy laws before using this collection.

All or portions of this collection may be housed off-site in Duke University's Library Service Center. The library may require up to 48 hours to retrieve these materials for research use.

Please contact Research Services staff before visiting the David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library to use this collection.

warning Use Restrictions

The copyright interests in this collection have not been transferred to Duke University. For more information, consult the copyright section of the Regulations and Procedures of the David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library.

Contents of the Collection

安保の嵐・一ヵ月 : 民主日本悲劇の記錄. Anpo no arashi ikkagetsu: minshu Nihon higeki no kiroku. 朝日新聞社編集. 朝日新聞社. 1960

緊急増刊

Box 1
全国 全共闘機関誌合同縮刷版 (Zenkoku Zenkyōtō Kikanshi Gōdō Shukusatsuban)
Box 36
前進縮刷版: Zenshin Shukusatsuban No. 1 (1959-63) by Kakumeiteki Kyōsanshugisha Dōmei Kikanshi.
Box 36
前進縮刷版: Zenshin Shukusatsuban N. 4 (1968) by Kakumeiteki Kyōsanshugisha Dōmei Kikanshi.
Box 36
前進縮刷版: Zenshin Shukusatsuban No. 5 (1969) by Kakumeiteki Kyōsanshugisha Dōmei Kikanshi.
Box 36
戦旗復刻版: Senki Fukkokuban, 1968-1969 (1984 printing)
Box 36
幻想の革命の過渡へ! Gensō no kakumei no katō e! 三上治. 三上治責任. 1975
Box 1
何を始めるべきか. Nani o hajimeru beki ka. 三上治. 三上治責任. 1976
Box 1
大道無門・ 再論. Daidō mumon・sairon. 三上治. 三上治責任. 1976
Box 1
正規の包囲軍を組識せよ: 赤軍派の悲劇とその教訓. Seiki no hōigun o soshikiseyo: Sekigunha no higeki to sono kyōkun. 田原 芳. [Japan]: s.n.. 36 pp. 1970

Tawara Kaoru

Box 1
プロレタリア独裁への道(III) : 共産主義 についてのノート. Puroretaria dokusai e no michi (III): kyōsanshugi ni tsuite no nōto. 田原 芳. 共産主義者同盟. 1969

Tawara Kaoru

Box 1
プロレタリアとの世界獨裁のための闘争. Puroretaria to no sekai dokusai no tame no tōsō. 田原 芳. 共産主義者同盟. 1969

Tawara Kaoru

Box 1
遠くまで行くんだ... 4. Tōku made ikunda.....4 . 小野田襄二. 編集委員会. 1979
Box 1
遠くまで行くんだ. 5. Tōku made ikunda.....5. 小野田襄二. 編集委員会. 1979
Box 1
遠くまで行くんだ... 6. Tōku made ikunda.....6. 小野田襄二. 編集委員会. 1979
Box 1
極北の思想 創刊号. Kyokuhoku no shisō sōkangō. 北海道解放大学出版部. 1970
Box 2
極北の思想 2号. Kyokuhoku no shisō 2-gō. 北海道解放大学出版部. 1970
Box 2
極北の思想 3号. Kyokuhoku no shisō 3-gō. 北海道解放大学出版部. 1970
Box 2
極北の思想 廢刊号. Kyokuhoku no shisō haikan. 北海道解放大学出版部. 1971
Box 2
銃火 創刊号. Jûka. sōkangō. 「赤軍」政治宣伝部.
Box 2
解放区 No. 3. Kaihōku. No. 3. 「解放区」編集委員会. 1970
Box 2
リベラリスト 創刊号. Riberarisuto. sōkangō. 早稲田大学自由主義研究会. 1968
Box 2
全都労働組合活動家会議の発足: 都労活資料集 No. 1. Zento rōdō kumiai katsudōka kaigi no hassoku: torōkatsu shiryōshū No. 1. 全都労働組合活動家会議. 1970
Box 2
烽火 : 共産主義者同盟関西政治理論誌1968 Vol. 3 No. 2. Noroshi (Hōka) 1968 Vol. 3, No. 2. 共産主義者同盟関西地方委員会編集. 大阪せんき社. 1968
Box 2
革命の軍隊・党の革命: 10・11月 闘争の運動=組織論的総括. Kakumei no guntai・tō no kakumei: 10・11-gatsu tōsō no undō=soshikironteki sōkatsu. 共産主義者同盟. 戦旗社. 1969
Box 2
サイバネテックスかプロレタリアとの独裁:唯物史観をめぐる闘争. Saibanetekkusu ka puroreta to no dokusai ka: yuibutsushikan o meguru tōsō. 田原 芳. 共産主義者同盟. 1971

Tawara Kaoru

Box 2
現代革命の条件と社会主義. Gendai kakumei no jōken to shakai shugi. 田原 芳. 共産主義者同盟編領委員会.

Tawara Kaoru

Box 2
地下からの政治的ラブ レター. Chika kara no seijiteki rabu retā. 滝田修.
Box 2
学生運動参考論文集 1961-65. Gakusei undō sankō ronbunshû 1961-65. 日本社会主義青年同盟. 1966
Box 2
前戦旗. Zensenki. 新赤軍宣伝遊撃隊.
Box 2
羽田闘争 10・8 - 11・12と共産主義者同盟. Haneda tosō 10・8 - 11・1 to kyōsan shugisha domei. 共産主義者同盟. 戦旗社. 1967
Box 3
季刊社会科学 = Shakai kagaku 16 号. Kikan shakai kagaku = Shakai kagaku 16-gō. 経済往来社(Tōkyō : Keizai Ōraisha). 1969
Box 3
解放: 革命的労働者組合協会・理論機関誌 No. 2. Kaihō : kakumeiteki rodōsha Kumiai kyōkai ・riron kikanshi No. 2. 現代社. 1971

社会党・社青同解放派

Box 3
試行 第三十六号. Shikō No. 36. 試行社. 1972

Irregular periodical.

Box 3
南部の旗 No. 22. Nanbu no hata No. 22. 南部地区解放戦線. 南部地区解放戦線[南部の旗]編集部.

南部地区解放戦線機関誌

Box 3
理論戦線: 世界- 国同時革命 暴力革命プロレタリア独裁 7. Riron sensen: sekai - koku dōji kakumei bōryoku kakumei puroretaria dokusai 7. 社会主義学生同盟全国委員会 戦旗社. 1968

社会主義学生同盟関西地方

Box 3
理論戦線: 世界- 国同時革命 暴力革命プロレタリア独裁 8. Riron sensen: sekai - koku dōji kakumei bōryoku kakumei puroretaria dokusai 8. 社会主義学生同盟全国委員会. 戦旗社. 1969
Box 3
理論戦線: 世界- 国同時革命 暴力革命プロレタリア独裁 10. Riron sensen: sekai - koku dōji kakumei bōryoku kakumei puroretaria dokusai 10. 社会主義学生同盟全国委員会. 戦旗社. 1970
Box 3
闘う 全学連: 1969年7月全学連定期全国大会-報告決定集 8. Tatakau zengakuren: 1969-nen 7-gatsu zengakuren teiki zenkoku daikai hōkoku ketteishû 8. 全学連中央書記局情宣部. 1969
Box 3
4・28 安保・沖縄闘争 4・28 anpo ・Okinawa tōsō. 共産主義者同盟 . 戦旗社. 1969
Box 4
日本マスコミ市民 No. 19. Nihon masukomi shimin. 日本マスコミ市民会議. 1968
Box 4
キム 1 号. Kimu 1-gō. 共産主義者青年同盟中央常任委員会. 1969
Box 4
バリケードの中の発言 創刊号. Barikēdo no naka no hatsugen sōkangō. 全中闘カリキュラム部. 1969

学生会館管理運営委員会

Box 4
若い広場 5月号. Wakai hiroba 5 gatsugō tsūkan 263. 若い広場社. 1969

通卷 263

Box 4
戦列 No. 6. Senretsu No. 6. 全国反帝学生評議会連合. 中央執行委員会. 全国反帝学生評議会連合中央執行委員会. 1970
Box 4
10・21とはなにか. 10・21 to wa nani ka. 10・21とはなにか社.

Photo document of Zenkyōtō demo.

Box 4
若きジャコバン 1. Wakaki Jakoban 1. 社会主義学生戦線全国委員会. 1969

政治理論誌

Box 4
若きジャコバン 2. Wakaki Jakoban 2. 社会主義学生戦線全国委員会. 現代社.

政治理論誌

Box 4
教育労働者 No. 18. Kyōiku rōdōsha No. 18. マルクス主義青年労働者同盟/教育労働者委員会. 前進社. 1968
Box 4
葛西工高 闘争 1 : [反戰]號外. Kasai kōkō tōsō 1 : [hansen] gōgai. 都高教反戦青年委員会.

高瀨勇

Box 4
葛西工高 闘争 2 : [反戰]號外. Kasai kōkō tōsō 2 : [hansen] gōgai. 都高教反戦青年委員会.
Box 4
広松涉編輯案[ドイツ・イデオロギー]. Hiromatsu Wataru henshūan [Doitsu ideorogī] . K.マルクス, F. エンゲルス. 慶應大学経済学部内. 1969

廣松涉編訳

Box 5
ある時代の風景のなかで: 5・14 集会発言記錄. Aru jidai no fūkei no nakade: 5・14 shūkai hatsugen kiroku. 三上治. 5-14実行委員会. 1977

三上治(みかみ おさむ)

Box 5
70年代における共産主義運動の核心的諸問題. 70-nendai ni okeru Kyōsanshugi undō no kakushinteki shomondai. 共産主義者連合. 1972
Box 5
F ; 03 : 「よど号」ハイジャック闘争. F; 03 : [Yodogō] haijakku tōsō. 裁判闘争支援委員会編集. もっぷる社. 1972
Box 5
占 拠 5 . Senkyo 5 . 日本共產主義学生同盟.
Box 5
反日双書 Vol. 1 :三菱重工爆破闘争の総括をめぐって. Hannichi sōsho Vol. 1: Mitsubishi Jūkō bakuha tōsō no sōkatsu o megutte. 東アジア反日武装戦線KF部隊(準). 1982
Box 5
月刊協同 第4号. Gekkan Kyōdō dai 4-gō. 協同編集委員会. 明治大学消費生活共同組合.
Box 5
根拠地 69-2 第3号. Konkyochi 69-2 No. 3. 労働者政治委員会. 現代思想社. 1969
Box 5
根拠地 69-4 第5号. Konkyochi 69-4 No. 5. 労働者政治委員会. 現代思想社. 1969
Box 5
マルクス主義 第2号. Marukusu shugi 2. 日本社会科学研究所. 1979
Box 5
1967年10月8日; 山崎博昭君追悼 : 羽田の闘い. 1967-nen 10-gatsu hatsuka; Yamazaki Hiroaki kun tsuitō : Haneda no tatakai. 前進社. 1967
Box 5
鉄の戦線 1. Tetsu no sensen 1. 共産主義者同盟南部地区委員会. 1970
Box 5
党創立を記念して: 沖縄人民党の二十年. Tō sōritsu o kinen shite : Okinawa Jinmintō no nijūnen. 沖縄人民党中央委員会. 1967
Box 5
日大闘争資料集. Nichidai tōsō shiryōshū. 日大教員共闘. 1969
Box 5
劫 第2号. Karupa dai 2-gō. 小野田襄二. 1975

劫(こう)"perpetual/lasting."

Box 5
最後の場所 No. 1. Saigo no basho No. 1. 最後の場所社. 1977
Box 6
日大斗争 創刊号. Nichidai tōsō sōkangō. 日本大学全学共闘会議. 日本大学全学共闘会議文理学部闘争委員会. 1969
Box 6
労働者権力 5号. Rōdōsha kenryoku 5-gō. 社会主義労働者同盟共産主義委員会. フェニックス社. 1970
Box 6
共和国 1. Kyōwakoku 1. 共和国. 1969

季刊誌

Box 6
共和国 2. Kyōwakoku 2. 共和国. 1969

季刊誌

Box 6
戦士 特集号. Senshi tokushūgō. 社会主義学生同盟中央大学支部. 社会主義学生同盟中央大学支部. 1969
Box 6
戦士 復刊 7号. Senshi fukkan 7-gō. 共産主義青年同盟. 関西地方委員会 編集発行. 1970
Box 6
左派: 1. Saha: 1. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟神奈川県委員会. 1970

理論機関誌

Box 6
左派: 2号. Saha: 2-gō. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟神奈川県委員会. 1970

理論機関誌

Box 6
プロレタリア解放のために. Puroretaria kaihō no tame ni. 社青同解放派論文集. 日本社会主義青年同盟. 1969

[解放]論文集

Box 7
世界政治資料 No. 164 2月号. Sekai seiji shiryō No. 164 2-gatsugo. 日本共産党中央委員会. 1963

上旬

Box 7
世界政治資料 No. 176 8月号. Sekai seiji shiryō No. 176 8-gatsugo. 日本共産党中央委員会. 1963

下旬

Box 7
世界政治資料 No. 179 10月号. Sekai seiji shiryō No. 179 10-gatsu. 日本共産党中央委員会. 1963

合併号

Box 7
世界政治資料 No. 270. Sekai seiji shiryō No. 270. 日本共産党中央委員会. 1967

Semimonthly.

Box 7
世界政治資料 No. 292. Sekai seiji shiryō No. 292. 日本共産党中央委員会. 1968

Semimonthly.

Box 7
市民社会と社会主義: 研究資料. Shimin shakai to shakaishugi: kenkyū shiryō.

平田清明論文集

Box 7
科学的共産主義研究 22号. Kagakuteki kyōsan shugi kenkyū 22-gō. 全国社会科学研究会. 全国社研編集委員会.

新左翼の[教祖]岩田宏批判

Box 7
スパルタクス No. 86. Suparutakusu No. 86. 日本マルクス主義派学生同盟. 革命的マルクス主義派中央書記局. 1969

機関誌

Box 7
中核 63号. Chūkaku 63-gō. マルクス主義学生同盟. 前進社. 1969

Irregular serial.

Box 7
腹腹時計 Vol. 3. Hara hara tokei Vol. 3. 東アジア反日武装戦線KF部隊(準). 1980
Box 7
怒濤: 激動の時代 67・5・28 - 70・6・23. Dotō : gekidō no jidai 67/5/28 - 70/6/23. 1970

Photo document of 全学共闘

Box 7
乾坤 1 創刊号 8月. Kenkon 1 1976・August. 三上治 編集. 乾坤社. 1976

三上治責任 編集

Box 8
乾坤 2 創刊2 号 12月. Kenkon 2 1976・December. 三上治 編集. 乾坤社. 1976

三上治責任 編集

Box 8
乾坤 3 創刊3 号 5月. Kenkon 3 1977・May. 三上治 編集. 乾坤社. 1977

三上治責任 編集

Box 8
乾坤 4 4 号 6月. Kenkon 4 1978・June. 三上治 編集 乾坤社. 1978

三上治責任 編集

Box 8
乾坤 5 5 号 1月. Kenkon 5 1979・January. 三上治 編集. 乾坤社. 1979

三上治責任 編集

Box 8
序章 : 合同第二号. Joshō : gōdō dai 2-gō. 京都大学出版会. 1970

叛逆への招待/逆光の思想

Box 8
序章 : 第 三号. Joshō : dai 3-gō. 京都大学出版会. 1970
Box 8
序章 : 第四号. Joshō : dai 4-gō. 京都大学出版会. 1971
Box 8
文芸 9 月 増刊号. Bungei 9-gatsu zōkangō. 河出書房新社. 1965

ベトナム問題緊急特集

Box 8
週刊サンケイ: 臨時増刊 3・27. Shūkan sankei : rinji zōkan 3/27. 産業經濟新聞社. 産業經濟新聞社. 1972

連合赤軍全調査

Box 9
週刊現代 3月21日号増刊. Shūkan gendai 3-gatsu 21-nichi gō zōkan. 講談社. 1972

連合赤軍事件

Box 9
叛旗 創刊号. Hanki 1 Nov. 1968 sōkangō. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1968

連絡先戦旗社

Box 9
叛旗 第二号 第一部. Hanki 2 July 1969. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1969

破防法体制突破!

Box 9
叛旗 3 第二部 第二号. Hanki 3 Sept. 1969 dai 2-bu dai 2-gō. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1969

連絡先戦旗社

Box 9
叛旗 第4号. Hanki 4 Apr. 1970. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1970

連絡先立花薫/戦旗社

Box 9
叛旗 第五号 臨時号. Hanki 5 July 1970 (7/17 seiji shūkai rinjigō). 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1970

七・一七政治集会臨時号

Box 9
叛旗 第6号. Hanki 6 Dec. 1970 Kakumei e mukau kakushinteki shomondai. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟叛旗編集委員会. 1970

理論機関誌

Box 9
叛旗:全縮刷版 創刊号・一一六号. Hanki : zen shukusatsuban 1971-1976. 共産主義者同盟. 叛旗縮刷版刊行委員会編集. 1971, 1976

共産主義者同盟政治機関誌

Box 10
第四インターナショナル 第一号. Dai 4 Intānashonaru No. 1. 日本革命的共産主義者同盟出版部. 1959

革命的共産主義者同盟機関誌

Box 10
世界革命 創刊号. Sekai kakumei sōkangō. 前衛編集委員会. 1970

前衛党建設特集号

Box 10
一橋亭誌 第 八月号. Ikkyō ryōshi (Hitotsubashi) No. 8. 一橋大学一橋亭. 1969

歴史的連続の壁を突き破れ!

Box 10
每日グラフ 増刊 '68-'69 スチューデントパワー. Mainichi gurafu zōkan '68-'69 suchūdento pawā. 每日新聞社. 每日新聞社 通卷991. 1969

緊急特報 爆発する大学

Box 10
サンデ-每日 増刊2/20 緊急特集. Sandē mainichi zōkan 2/20 kinkyū tokushū. 每日新聞社. 每日新聞社 通卷2619. 1969

争乱の大学・東大紛争から安保へ

Box 10
日本列島ウラ情報 全共闘だョ! Nihon Rettō ura jōhō Zenkyōtō dayō! マイウエイ出版. 2003

Japan/islands undergraduate information magazine.

Box 10
共産主義 復刊準備号1965・8・1. Kyōsan shugi fukkan junbi-gō 8/1/1965. 共産主義者編集委員会. レポルシオン社. 1965

共産主義者同盟理論機関誌

Box 11
共産主義 13号. Kyōsan shugi 13-gō. 共産主義者同盟政治局. 戦旗社. 1969

第9回大会報告/共産主義者同盟理論機関誌

Box 11
共産主義 14号. Kyōsan shugi 14-gō. 共産主義者同盟政治局. 戦旗社. 1971

共産主義者同盟理論機関誌

Box 11
共産主義 / 復刻 (上). Kyōsan shugi / fukkoku, (jō). 共産主義復刻委員会. 1959

1号 - 3号

Box 11
共産主義の旗 創刊号1962・6. Kyōsan shugi no hata sōkangō 6/1962. 共産労働党政治局. 1962

日本共産労働党理論機関誌

Box 11
新赤旗 [団結の通信 ] 1号. Akahata [danketsu no tsūshin] 1-gō. 日本赤軍党宣伝煽動局.
Box 11
赤軍 No. 1. Sekigun No. 1. 共産主義者同盟. 1968

政治理論機関誌

Box 11
赤軍 No. 2. Sekigun No. 2. 共産主義者同盟. 東京南部地區委員会. 1968

政治理論機関誌.

Box 11
赤軍 No. 4. Sekigun No. 4. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟赤軍派. 1969

政治理論機関誌.

Box 11
赤軍 No. 5. Sekigun No. 5. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟赤軍派. 1969

政治理論機関誌.

Box 11
赤軍 No. 8. Sekigun No. 8. 共産主義者同盟. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会. 1971

政治理論機関誌.

Box 11
赤軍. Sekigun. 革命戦争編集委員会. 共産主義者同盟赤軍派委員会. 1973

政治理論機関誌総集

Box 11
赤軍 / 再刊準備号1号. Sekigun / saikan junbigō 1-gō. 赤軍派日本委員会. 共産主義者同盟赤軍派委員会. 1974

第一次 網領草案

Box 11
週刊アンポ. Shūkan Anpo. アンポ社. 1970

0号 to 12号編集

Box 12
流動 2月号. Ryūdō = The ryūdō 2-gatsugō. 流動出版. 流動出版株式会社. 1978

新左翼理論20年史

Box 12
流動 8月号. Ryūdō = The ryūdō 8-gatsugō . 流動出版. 流動出版株式会社. 1979

70年代演劇の位相

Box 12
流動 10月号. Ryūdō = The ryūdō 10-gatsugō. 流動出版. 流動出版株式会社. 1980

新左翼は終ったか

Box 13
流動 5月号. Ryūdō = The ryūdō 5-gatsugō . 流動出版. 流動出版株式会社. 1981

転換期-新左翼名派はかく闘う

Box 13
流動 2月号. Ryūdō = The ryūdō 2-gatsugō. 流動出版. 流動出版株式会社. 1982

赤軍・その軌跡

Box 13
週刊読売 臨時増刊 3/6. Shūkan Yomiuri rinji-zōkan 3/6. 読売新聞社. 読売新聞社. 1969

スチューデントパワ全学連の徹底的分解

Box 13
週刊読売 11・13. Shūkan Yomiuri rinjizōkan 11/13. 読売新聞社. 読売新聞社. 1969

10月決戦の戦術と戦略

Box 13
朝日ジャーナル 増刊 第8巻第30号. Asahi jānaru zōkan Vol. 8, No. 30 . 朝日新聞社. 朝日新聞社. 1966

論文特集

Box 13
朝日ジャーナル 第8巻第53号12・25. Asahi jānaru Vol. 8, No. 53 12/25. 朝日新聞社. 朝日新聞社. 1966

報道・解説・評論

Box 13
朝日ジャーナル 第19巻第17号4・28. Asahi jānaru Vol. 10, No. 17 4/28. 朝日新聞社. 朝日新聞社. 1968

報道・解説・評論.

Box 13
朝日ジャーナル 第11巻 第17号4・27. Asahi jānaru Vol. 11, No. 17, 4/27. 朝日新聞社. 朝日新聞社. 1969

報道・解説・評論.

Box 14
現代の理論: 9月号44号特集. Gendai no riron: 9-gatsu-gō 44-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1967

流動する国際情勢と平和共存

Box 14
現代の理論: 10月号45号特集. Gendai no riron: 10-gatsu-gō 45-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1967

ロシヤ革命

Box 14
現代の理論: 11月号46号特集. Gendai no riron: 11-gatsu-gō 46-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1967

世界資本主義の現段階

Box 14
現代の理論: 1月号48号特集. Gendai no riron: 1-gatsu-gō 48-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1968

維新と現代

Box 14
現代の理論: 2/3合併号49/50号特集. Gendai no riron: 2/3gappei-gō 49/50-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1968

ヨーロッパ・マルクス主義

Box 14
Gendai no riron: 6-gatsu-gō 53-gō tokushū. 現代の理論社. 河出書房. 1968

世界史の新展開

Box 14
現代の理論: 7月号54号特集. Gendai no riron: 7-gatsu-gō 54-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1968

マルクス主義哲学と構造主義

Box 14
現代の理論: 8月号55号特集. Gendai no riron: 8-gatsu-gō 55-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1968

第三世界

Box 15
現代の理論: 10月号57号特集. Gendai no riron: 10-gatsu-gō 57-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1968

緊急特集 - チェコそしてフランス

Box 15
現代の理論: 12月号59号特集. Gendai no riron:12-gatsu-gō 59-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1968

70年闘争2/主体の状況と展望

Box 15
現代の理論: 1月号60号特集. Gendai no riron:1-gatsu-gō 60-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1969

70年闘争3/現代イデオロギーの争点

Box 15
現代の理論: 2月号61号特集. Gendai no riron:2-gatsu-gō 61-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1969

大学変革と東大闘争

Box 15
現代の理論: 5月号64号総特集. Gendai no riron:5-gatsu-gō 64-gō sōtokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1969

現代への挑戦/学園闘争その結果と展望

Box 15
現代の理論: 12月号71号特集. Gendai no riron:12-gatsu-gō 71-gō tokushū.6 現代の理論社. 現代の理論社. 1969

大学革新論の飛躍のために

Box 15
現代の理論: 1月号108号特集. Gendai no riron:1-gatsu-gō 108-gō tokushū. 現代の理論社. 現代の理論社. 1973

共同体・市民社会・社会主義

Box 15
被告人最終意見陳述. Hikokunin saishū iken chinjutsu.

ピース缶爆弾・日石土田邸事件事件

Box 16
東アジア反日武装戦線は勝利する. Higashi Asia hannichi busō sensen wa shōri suru. KQ 通信社. 1978

廢刊号上

Box 16
共産主義者同盟結成宣言(案):大衆政治同盟. Kyōsan shugisha dōmei kessei sengen (an). ローテ編集局. 日本企革社.

共産主義者同盟再建準備委員会

Box 16
過渡期世界と階級闘争. Katoki sekai to kaikyū tōsō. 松本礼二. 共産主義同盟. 1971
Box 16
政治過程論. Seiji kateiron. 共産主義者同盟資料編集委員会. 前夜社. 1971
Box 16
共産主義者同盟論文集. Kyōsan shugisha dōmei ronbunshū. ローテ編集局. ローテ編集局.

再建準備委員会

Box 16
七二年沖縄返還=第三次琉球処と分全軍労闘争. Nanajuninen Okinawa henkan=daisanji Ryūkyū shobun to zen gunro tōsō. 一条信路編. 社会主義学生同盟.

反革命軍軍事処点沖縄/解放革命

Box 16
自立と日常: 更に,また現在より起て. Jiritsu to nichijō: sarani, mata genzai yori okite. 共産主義者同盟. 蒼氓社. 1974
Box 16
根底への出立に向けて: 吉本隆明講演集. Kontei e no shuttatsu ni muke te: Yoshimoto Takaaki kōenshū. 吉本隆明. 赤燈社.

吉本隆明講演集刊行委員会

Box 16
世界赤軍への我々の道: 9/28 - 10/4 ハイジャック. Sekai sekigun e no wareware no michi: 9/28 - 10/4 haijakku. 共産主義者同盟. 赤軍派日本委員会.

comments(赤軍派日本委員会)

Box 16
流された血にわ血の報復を! Nagasareta chi ni wa chi no hōfuku o! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 共産主義者同盟赤軍派日本委員会

国際反戦デ-/国際報復戦貫徹せよ!

Box 16
共産主義者/日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派. Kyōsan shugisha / Nihon Kakumeiteki Kyōsan Shugisha Dōmei: Kakumeiteki Marukusu Shugiha. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派. 解放社. 1966

No. 14=15 12月合併号 機関誌

Box 17
共産主義者/日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派. Kyōsan shugisha / Nihon Kakumeiteki Kyōsan Shugisha Dōmei: Kakumeiteki Marukusu Shugiha. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 解放社. 1968

No. 17=18 3月 機関誌

Box 17
共産主義者/日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派. Kyōsan shugisha / Nihon Kakumeiteki Kyōsan Shugisha Dōmei: Kakumeiteki Marukusu Shugiha. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 解放社. 1969

No. 19=20 8月 機関誌

Box 17
共産主義者/日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派. Kyōsan shugisha / Nihon Kakumeiteki Kyōsan Shugisha Dōmei: Kakumeiteki Marukusu Shugiha. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 解放社. 1970

No. 21=22 7月 機関誌

Box 17
共産主義者 8-:反帝国主義・反スターリン主義・万国のプロレタリア団結せよ! Kyōsan shugisha 8-: han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 革命的共産主義者同盟. 前進社. 1963

第八号 季刊

Box 17
共産主義者 9- :反帝国主義・反スターリン主義・万国のプロレタリア団結せよ! Kyōsan shugisha 9: han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 前進社. 1964

第九号 季刊

Box 17
共産主義者16- : 反帝国主義・反スターリン主義・万国 プロレタリア団結せよ::. Kyōsan shugisha 16: han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 前進社. 1968

第十六号 季刊

Box 17
共産主義者 17- : 反帝国主義・反スターリン主義・万国 プロレタリア団結せよ! Kyōsan shugisha 17: han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 前進社. 1967

第十七号 季刊

Box 17
共産主義者 18- : 反帝国主義・反スターリン主義・万国 プロレタリア団結せよ! Kyōsan shugisha 18: han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo! 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 前進社. 1967

第十八号 季刊

Box 18
ハンガリヤ革命の記録: 共産主義者別冊. Hangariya kakumei no kiroku: Kyōsan shugisha bessatsu. 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 前進社. 1969

別冊

Box 18
共産主義者19- :反帝国/反スターリン主義・万国のプロレタリア団結せよ! Kyōsan shugisha 19- :han teikoku shugi・han Sutārin shugi - bankoku no puroretaria danketsu seyo!: 共産主義者同盟赤軍派日本委員会 日本革命的共産主義者同盟. 革命的マルクス主義派 1969

第二十号 季刊

Box 18
構造: 特集日本軍国主義底流. Kōzō : tokushū Nihon gunkoku shugi. 構造経済社. 1970

9月号 通巻93号

Box 18
構造: 特集出入国管理体制. Kōzō : tokushū shutsunyūkoku kanri taisei. 構造経済社. 1970

10月号 通巻94号

Box 18
構造: 特集人間の自由と解放. Kōzō tokushū ningen no jiyū to kaihō. 構造経済社. 1970

11月号 通巻95号

Box 18
現代の眼: 特集ベトナム戦争犯罪の国際裁判. Gendai no me: tokushū Betonamu sensō hanzai no kokusai saiban. 現代評論社. 1967

7月号

Box 19
現代の眼: 昭和42年8月15日から発想. Gendai no me: Shōwa 42-nen 8-gatsu 15-nichi kara no hassō. 現代評論社. 1967

8月号

Box 19
現代の眼:特集国家権力への回答 - ベ平連・全学連. Gendai no me: tokushū kokka kenryoku eno kaitō- be heiren zengakuren. 現代評論社. 1968

1月特大号

Box 19
現代の眼: 特集明治国家の位相と幻想. Gendai no me: tokushū Meiji kokka no isō to gensō . 現代評論社. 1968

2月号

Box 19
現代の眼: 特集安保’70- 激突の今日. Gendai no me: tokushū anpo '70-gekitotsu no konnichi. 現代評論社. 1968

3月号

Box 19
現代の眼: 特集試練に立つ現代の知性. Gendai no me: tokushū shiren ni tatsu gendai no chisei. 現代評論社. 1968

4月号

Box 20
現代の眼: 特集反権力の市民的展開. Gendai no me: tokushū han kenryoku no shiminteki tenkai. 現代評論社. 1968

5月号

Box 20
現代の眼: 特集安保’70 危機下の日本国憲法. Gendai no me: tokushū anpo '70 kikika no Nihonkoku kenpo. 現代評論社. 1968

6月号

Box 20
現代の眼:特集沖縄-奪還の思想的拠点. Gendai no me: tokushū Okinawa- dakkyo no shisōteki kyoten. 現代評論社. 1968

7月号

Box 20
現代の眼:特集絶望的フランスと現代革命. Gendai no me: tokushū zetsuboteki Furansu to gendai kakumei. 現代評論社. 1968

8月号

Box 21
現代の眼: 特集戦後日本資本主義-23年目の現実. Gendai no me: tokushū sengo Nihon shihon shugi- 23-nen no genjitsu. 現代評論社. 1968

9月号

Box 21
現代の眼: 特集自由への主体と戦線. Gendai no me: tokushū jiyū e no shutai to sensen. 現代評論社. 1968

10月号

Box 21
現代の眼: 特集疑制民主主義と政治死. Gendai no me: tokushū gisei minshu shugi to seijishi. 現代評論社. 1968

11月号

Box 21
現代の眼: 特集安保’70-渦中の選択. Gendai no me: tokushū anpo' 70-kachu no sentaku. 現代評論社. 1968

12月号

Box 21
現代の眼: 緊急特集学生は蜂起する. Gendai no me: kinkyū tokushū gakusei wa hōki suru. 現代評論社. 1969

1月号 通巻109号

Box 22
現代の眼: 特集戦後思想への挑戦. Gendai no me: tokushū sengo shisō eno chōsen. 現代評論社. 1969

2月号 通巻110号

Box 22
現代の眼: 全特集東京大学-炎と血の岐路. Gendai no me: zen tokushū zen Tokyo daigaku- honoo to chi no kiro. 現代評論社. 1969

3月号 通巻111号

Box 22
現代の眼: 特集現代革命の主体と戦闘理論. Gendai no me: tokushū gendai kakumei no shutai to sentō riron. 現代評論社. 1969

4月号 通巻112号

Box 22
現代の眼: 特集反安保の焦点- 沖縄. Gendai no me: tokushū han anpo no shōten- Okinawa. 現代評論社. 1969

5月号 通巻113号

Box 23
現代の眼: 特集70年を闘うラディカリズム. Gendai no me: tokushū 70-nen o tatakau radikarizumu. 現代評論社. 1969

7月号 通巻115号

Box 23
現代の眼: 特集現代の戦争. Gendai no me: tokushū gendai no sensō. 現代評論社. 1969

9月号 通巻117号

Box 23
現代の眼: 特集現代の危険思想とは何か. Gendai no me: tokushū gendai no kiken shisō to wa na-nika. 現代評論社. 1971

1月号 通巻133号

Box 23
現代の眼: 特集71-模索からの出発. Gendai no me: tokushū mosaku kara no shuppatsu. 現代評論社. 1971

2月号 通巻134号

Box 23
現代の眼: 特集国家への逆照射. Gendai no me: tokushū kokka eno gyaku shōsha. 現代評論社. 1972

7月号 通巻151号

Box 24
現代の眼:特集時間論-意識の軸を求めて. Gendai no me: tokushū jikanron- ishiki no jiku o motomete. 現代評論社. 1972

10月号 通巻154号

Box 24
現代の眼:特集日本的抵抗の原基. Gendai no me: tokushū Nihonteki teikō no genki. 現代評論社. 1973

2月号 通巻158号

Box 24
現代の眼:特集差別告発運動の論理と陥穽. Gendai no me: :tokushū sabetsu kokuhatsu undō no ronri to kansei. 現代評論社. 1973

9月号 通巻165号

Box 24

Chiefly mimeograph newsletters, serials, memoranda, large flyers, protest movement ephemera, printed essays, and other materials from grassroots organizations and various individuals. There are also a few handwritten items.

最前線 (Sai zensen) 6月号. 1963 June 15.

マルクス主義青年労働者同盟 .

Box 25
学生運動の当面の問題点. 広谷俊二. 非売品. 1961 Dec. 23.
Box 25
第2部 - 情勢分析 .

早稲田大学教育学部 .

Box 25
コムニスモ(Komunisumo) - 召撰主義 政治扶術主義 月刊 No.4. 1963 Aug. 10.

マルクス主義学生同盟 .

Box 25
全学連弟31回中央委員会議案 . 1962 ・6・9-10. 1962 June 09.
Box 25
全学連再建大会議案書. 1965 ・12・17-19. 全学連再建準備会. 1962 Dec. 17.
Box 25
全学連再建大会議案書 1966 Dec. 17.

全学連再建 準備会.

Box 25
全学連討議資料: 怒りのゼネストで. 創造社. 1973 May 11.
Box 25
高校生同盟員総会. 討論要項 (レジュメ) 1963.

日本共産主義青年同盟(準).

Box 25
政治過程論・文献資料 反帝戦線 . 1970.
Box 25
70年代の展望と当面の任務.共産主義者同盟三多摩地区委員会. 1970.
Box 25
中大闘争総括の視点. 冬野春雨. 社会主義学生同盟. 1969.

70年保安・情勢の特徴と我々の任務.

Box 25
カマラード特集: 前衛党の形成と反帝統一戦線. 社会主義学生同盟. 1969.

青山学院大学支部.

Box 25
指針 (Shishin) No.3. 社会主義学生同盟. 1969 Oct. 10.

三多摩地区委員会.

Box 25
指針 (Shishin) No.4. 社会主義学生同盟. 1969 Oct. 17.

三多摩地区委員会.

Box 25
指針 (Shishin) No.5. 社会主義学生同盟. 1969 Nov. 01.

三多摩地区委員会.

Box 25
指針 (Shishin) No.2. (再建準). 社会主義学生同盟. 1970 Oct. 01.
Box 25
世界を獲得するために鉄鎖を砕け. LEFT 編集委員会.
Box 25
討論資料・沖縄闘争論. 明治大学全学議会.
Box 25
コミュニズム No. 7. 社会主義学生同盟. 1970 Nov. 13.

明大生田.

Box 26
コミューン No. 1. 大阪府委員会.

共産主義者同盟再建準備委員会.

Box 26
コミューン No. 2. 大阪府委員会.

共産主義者同盟再建準備委員会.

Box 26
コミューン No. 3. 大阪府委員会.

共産主義者同盟再建準備委員会.

Box 26
コミューン No. 5. アジア革命と沖縄斗争. 大阪府委員会.

共産主義者同盟再建準備委員会.

Box 26
組織的総括.

Annotated.

Box 26
プロレタリヤ通信 Vol. 9 No. 2. 共産主義者同政治局.
Box 26
プロレタリヤ通信 Vol. 9 No. 4. " 1969 Nov. 06.
Box 26
プロレタリヤ通信 .
Box 26
反帝戦線 . 号外. 社会主義学生同盟. 1967.
Box 26
共産主義者同盟九回統括と 10,11月方針の補足.

訓案・憲見書

Box 26
四中委決定と九回大会への我々の態度. 1968 Aug. 18.
Box 26
レジュメ - 地区代 首都圏委員会の提案. 1972 Aug. 27.
Box 26
第三回中央委員会議案 .
Box 26
第六回拡大中央委員会議案 . 1970.

同盟政治局.

Box 26
共産主義者同盟第9回大会への意見書. 杉田・重水・羽山 1969 Aug. 22.

中央委員.

Box 26
60年代へ階級闘争/位相と限界. 社学同中大支部資料. 作 姫村.
Box 26
共同体記の新たな構築に向けて. (1) 責作 姫村. 1969 June 09.

青山学院大学社会主義学生同盟.

Box 26
はじめに: 69年4・28沖縄闘争へ同盟7回大会の発生.
Box 26
4・28闘争と同盟指導の実践的総括.
Box 26
のろし: 改憲阻止闘争機関紙. No. 12. 1965 Aug. 25.
Box 26
安保反対・平和と民主主義自治会連合の結成決議(案) .
Box 26
全共関にとって大衆とは何か? 冬野春雨.
Box 26
入管闘争中間総括 - 入管闘争の全人民的推進. (入管闘争資料)

東外大社会主義学生同盟.

Box 26

Original order and housing retained.

きょうから東独党大会・ [ベルリン] 柔軟か. 1963 Jan. 15.

毎日新聞.

Box 26
道は一つ平和共存. プラウダ社. 1963 Jan. 08.

ソ連共産党機関紙.

Box 26
プラウダ社説: 高姿勢に出たソ連. 1963 Jan. 08.
Box 26
Khrushchev 演説の内容 : 中共との対決回避. 1963 Jan. 17.

毎日新聞.

Box 26
社会主義の網領とドイツ社会主義統一党の歴史的任務. 1963 Jan. 17.

アカハタ.

Box 26
英共産党声明 : 国際共産主義運動の統一強化. 1963 Jan. 16
Box 26
新しい年・日本共産党は訴えます. 1963 Jan. 03.

アカハタ.

Box 26
人民日報社説全文. 1962 Dec. 18.

アカハタ.

Box 26
社説: 中ソ論争の進展について. 1963 Jan. 21.
Box 26
東独党大会: 中共代表怒号の演説: 激しくユーゴ非難. 1963 Jan. 19.

朝日新聞.

Box 26
民主勢力の団結・日韓会談炭鉱首切り粉砕しよう. 1962 Dec. 18.

アカハタ.

Box 26
東独党大会: 各国党会議開け - 伍中共代表修正主義を攻撃. 1963 Jan. 19.

毎日新聞.

Box 26
プラウダ社説: 平和と社会主義・共産主義運動. 1963 Jan. 09.

アカハタ.

Box 26
ソ連と国際共産主義. 8月号. 1962 Aug.

中央公論.

Box 26
"国際情勢とソ連の外交政策" Khrushchev. 2月号. 1963 Feb.

中央公論.

Box 26
核兵器・人間・文学 - サルトル=開高・大江会見記. 3月号 田中 良. 1963 Mar.

世界.

Box 26
北京周報: 連共産党指導部とわれわれとの意見の相違の由来と発展 1963 Sept. 17.

(日本語版) 第8 (serial, 1 issue, illustrated)

Box 26

Set of articles originally published by the Soviet embassy in Tokyo. Topics relate to Soviet and Chinese Communist parties and their activities, and there are a few articles on Marx and Lenin.

平和擁護闘争と民族解放運動 /ニコライ・スメターニン. 1963 July
Box 27
ソ連の党諸組織. 中央委員会の公開状. 広報課 1963 July 14.
Box 27
現代国際共産主義運動の諸問題 : 論文集. 1963 Aug.
Box 27
中国政府核実験停止條約声明 (全文) 1963 ・8・3. 広報課 1963 Aug.
Box 27
1963 年8月21日付けソ連政府声明 (全文) 1963 Aug.
Box 27
世界共産主義運動の路線 : マルクス・レーニン主義の勝利. 1963 Sep.

「コムニスト」1963 /11月号論文.

Box 27
九月一日付け中国政府声明にソ連政府声明. (全文). 1963 Sept. 11.
Box 27
北京のマルクス主義偽造者. 1964 June
Box 27
北京の分裂主義者に反対する国際共産主義運動. 1964 Aug.
Box 27
党建設者 /京浜レーニン研究会 第2号 1972 Apr. 01.

政治機関紙.

Box 27
もつぷる通信: 家族問題: 我々の見解(試案) 日本赤色救援会 1972 Apr. 21.

第9号

Box 27
もつぷる通信 : 再生への道 (1) - 敗北を越えて. 1972 May 21.

第10号

Box 27
絆 (Kizuna) : 血縁的・家族的愛の絆・人民愛の絆 1972 June 04.

No. 2.

Box 27
革命通信 : 三里塚侵略反革命空港[開港] 爆砕. 1978 Aug.

号外.

Box 27
国際革命文庫 I: 第四インターナショナルの網領・規約 国際通信社. 1969 Feb.
Box 27
連合赤軍と我々: 獄中書簡集. 人民救援会.
Box 27
不死鳥作战 : 獄中通信・公判報告 No. 2. [よど号ハイジャック斗争] 川島 宏. もつぷる社. 1972 Feb.25

裁判斗争支援委員会.

Box 27
再生に向け・ 共産主義者同盟・赤軍派. その 1. 1972 Apr.
Box 27
赤報 : 連合赤軍の斗争に対する我々の態度. 1972 Mar. 23.

特別号.

Box 27
デイゴの花 第9号 その勝利を屈辱へ! 1969 Apr. 10.

二・四不発ゼネストと二・四八の展望

Box 27
ハリコの虎を撃て! 塩見考也 ” アピール”. 1970

大薩摩破防法裁判斗争支援委

Box 27
われわれの闘いの出発にあたって. 小野田襄二. 1969 Oct.13.

遠くまで行くんだ編集委員会

Box 27
われら遠方より来たりて遠方にさる-大薩摩斗争今日的意義. 影丸.
Box 27
四回委決定と九回大会への我々の態度.
Box 27
七0年代階級闘争の革命的戦術とは何か. 英(はなぶさ) 仁.
Box 27
太田-岩井ラインの成立と民同労働運動の確立 (スケジュール闘争)
Box 27
赤軍派同志への私の自己批判. 阪本 均. 1969 July 19.
Box 27
安保・沖縄斗争をヤルタ・ポツダム体制打倒の斗争とせよ. 1969 Apr. 28.

第四インターナショナル.

Box 27
国民の力で沖縄返還を!

沖縄返還要求国民大会連絡会議

Box 27
4・27-28 立川基地実力封鎖闘争に起とう! (方針案)
Box 27
人を殺す黒い悪魔でていけ! 4・28 沖縄斗争総決起.

けやき反戦行動委員会.

Box 27
反戦ニユース : 四・二八午後五時新橋駅に結集せよ. 1969 Apr. 28.

反戦青年委員会.

Box 27
東村山 反戦ニユース No. 2 1969 Apr. 26.
Box 27
沖縄奪還争に結集せよ!.日米強盗同盟の頭目: 小市民雄.

佐藤首相の官邸粉砕.

Box 27
4・28 沖縄奪還労学 十万の力で首都制圧・官邸占拠. 全学連・中核派

28日3時新橋駅総結集.

Box 27
沖縄奪還・安保粉砕. 4・25三多摩反戦集会.
Box 27
羽田・佐世保救援ニユース No. 3. 1969 Feb. 07.

羽田統一弁護団結成.

Box 27
破防法と革命的左翼の任務. 梶村憲一郎.
Box 27
資本制社会における[大学].
Box 27
1.16豊島区役所攻撃に起て! 1971 Jan. 16.
Box 27
三里塚・沖縄闘争実行委員会結成へのアピール.

5・15三里塚-沖縄闘争実行委員会準備会

Box 27
三崎町(5・13日大法)-駿河台叛乱革命を暴力へ.
Box 27
朝鮮危機を内乱へ!70年安保斗争と朝鮮問題.

京都大学全学共闘会議.

Box 27
三里塚・沖縄斗争勝利総決起集会結集せよ!

三里塚・沖縄闘争実行委員会

Box 27
三崎町叛乱に呼応し駿河台叛乱を克ち採る!!

全国の総叛乱しを!!

Box 27
4.19社学同新入生歓迎集会へ結集せよ! 松本礼二.
Box 27
安保粉砕・日帝打倒, プロレタリア独裁樹立・6/14集会基調報告

Memo.

Box 27
全国全共闘を世界革命戦争, 武装ソビエト運動の機関へ. 共産/社会主義学生同盟
Box 27
六O/七O年代階級斗争と我々の出発点. (弟一章)
Box 27
11月沖縄国政参加実力阻止へ. 社会主義学生同盟 Oct. 21.
Box 27
日和見官僚集団=戦旗派解体, 同盟七O年の前衛再建せよ! 松本礼二.
Box 27
七O年階級斗争と反帝統一戦線. 1967 Oct. 08.
Box 27
蜂起・戦争の陣型を整え,革命の軍隊へ結集せよ! ! 共産主義者同盟. 1971 Jan. 11.

鉄の戦線派.

Box 27
共同体記の新たな構築に向けて(1).

青山学院大学社会主義学生同盟.

Box 27
闘争試記 1 1970 Nov.

神奈川地区共闘.

Box 27
通信 (仮題) 日本共産主義青年同盟(準) No. 7 1966 Sept. 30.

No. 7

Box 27
通信 (仮題) 日本共産主義青年同盟(準) No. 8 ・9. 1967 Apr. 15.

No. 8 ・9.

Box 27
アンパン(安反) 創刊号 70’6.7

Anti アンポ推進委員会 (仮称)

Box 27
全世界を獲得する為に. [創刊号]

東外大社会主義学生同盟 June

Box 27
戦士 2号 10・9-23 全学政治ストライキ総括戦線再編強化. 1970 Oct. 26.

東外大社会主義学生同盟.

Box 27
弟二章: 労働総合の問題
Box 27
入管闘争中間総括 付・入管闘争資料

Note: 東外大社会主義学生同盟.

Box 28
神津共同体記批判問われている党の措定.
Box 28
党の発想とは何か -党内記争の方法的前提.
Box 28
弟二章: プロレタリアとその党.
Box 28
弟二章 : 党の歴史的展開. 文章つづく.
Box 28
社会主義理論研究会のための提案.
Box 28
軍縮斗争前進と共産主義青年同盟の任務 -- または 川田 洋. 1963 Dec. 22.

Note: スターリンの亡霊の復活.

Box 28
46='63 11・7 革命記念集会. 1963 Nov. 07.

KJB= 日本共産主義青年同.

Box 28
中核形成のためのよびかけにあたって.

その外部的・内部的要因.

Box 28
新しい歴史規定としての新しい帝国主義.

世界革命の現過程としての七O年闘争.

Box 28
平民学連: 全日本の学友団結 7月全国学生集会. 1963 July 16.

基調報告.

Box 28
社労同通信 No. 1 社会主義学労働者同盟 1967 Mar. 01.
Box 28
社労同通信 No. 2 社会主義学労働者同盟 1967 Mar. 20.
Box 28
社労同通信 No. 5 社会主義学労働者同盟 1967 Apr. 05.
Box 28
創れ未来を. 全面 核停・完全軍縮を目指し前進しよう 号外. 日本共産主義青年同盟

号外.

Box 28
創れ!未来を No. 4 日本共産主義青年同盟 1968 Apr. 25.

機関誌

Box 28
創れ!未来を 号外. 1963 May 28.
Box 28
新しい前進 No.19 日本共産主義青年同盟 1963 Sept. 27.

同盟教育大学支部/機関誌

Box 28
新しい前進. No.20 -教大支部 [ 軍縮ゼミ] と[革命記念集会]. 日本共産主義青年同盟 1963 Oct. 30.
Box 28
コムソモール. 軍縮ゼミナール・モスクワ大会. 特別号 日本共産主義青年 1963 Nov. 01.

同盟教育大学支部/機関誌

Box 28
革新の世代 No.1 創刊にあたって 1962 Nov. 30.
Box 28
革新の世代 No.5 科学と文化の砦 日本共産主義青年同盟 1963 Oct. 15.

機関誌

Box 28
群列 No.2 マルクス主義を学ぼうとする友 へ. 共産主義青年同盟 1964 Jan. 10.
Box 28
ポラリス原子力潜水艦とは.
Box 28
青年学生運動情報 第5号 青年学生運動. 革新会義 1962 Oct. 23.

8/17-19 於広島

Box 28
七月全国学生集会 . 速報
Box 28
大会宣言 : 全国自治会代表者会議. Oct. 31.
Box 28
日韓条約による軍事的側面 (註) 理大全学斗争委員会. 1962 Aug. 11
Box 28
日韓条約批准阻止斗争に決起.
Box 28
日本共産労働党宣伝パンフ. 栗木伸一. 社会科学研究会. 1962 May 30.
Box 28
総括 安保斗争の歴史的意味.
Box 28
号外 -- 若きプロレタリヤ 共産主義青年同盟

都学連再建大会を斗う大会へ!!

Box 28
ひきつずき団結を固め, 闘いを進めよう! 早大全学連連絡会議

商学部総実行委員会.

Box 28
学費値上げ反対! 弟一商学部総実行委員会 1966 Apr. 09.
Box 28
早大東学館 斗争支援全都集会に結集しよう! 早大東学館支援全都集会実行委員会 Apr. 09.
Box 28
大学管理制度改惡反対全国学生共斗会議についての経過報告 July 08.

東京大学教養部学生自治会 .

Box 28
大学管理制度粉砕・全国学生共斗会議への招請状.

東京大学中央委員会.

Box 28
大学管理制度改革関係資料集. 1963 Jan.21.

横浜市立大学大管制反対実行委員会

Box 28
書記局通達 No.14 原潜艦を国民的政治焦点とせよ! 統一社会主義同盟 1963 Oct.18.

東京都学生委員会書記局

Box 28
書記局通達 軍縮ゼミに関する問題提起. 共産主義青年同盟 1965 Sept.

東京都学生委員会書記局

Box 28
大学の自治・学生の自治・学館の自治.
Box 28
明大新聞学闘争の飛躍のために. 学生会中央執行委員会
Box 28
ニユース青年 No.8 日本共産主義青年同盟. 立教大学支部. 1963 Oct. 21.

立教大学支部機関誌.

Box 28
弟五回共青都総会への提案 1963 May 24.
Box 28
共青・弟五回都総会の開催について. 等等力 考一. 共産主義青年同盟(準) 1963 May 09.

東京都委員会.

Box 28
革新の世代. No. 4 共産主義青年同盟 1963 Sept.17.

慶應義塾大学支部機関誌.

Box 28
全国会議の開催ついて. よびかけ. 共産主義青年同盟

青年学生運動革新革会議委員会

Box 28
東京共青 学生通信 No. 4 学生支部代への討議資料 東京共青学対部 1963 Mar. 14.
Box 28
青年学生運動革新会議 弟三回全国委員会決議.
Box 28
軍備全廃と恒久平和のために - 全世界の人民と共に闘う.

八・五学生平和集会対案.

Box 28
現代革命 No. 7 統一共産同盟指導委員会 1966 July 23.

機関誌.

Box 28
現代革命 No. 9 統一共産同盟指導委員会 1966 Nov. 23.

機関誌.

Box 28
沖繩奪還 第二版 前進社出版部 1969 Feb. 15.
Box 28
平和のための波状攻撃/ よびかけ 1963 Sept. 12.

早大学生委員会

Box 28
核停協定を前進平和の創造 !! 日本共産主義青年同盟 .
Box 28
大学の自治と学問の自由を保護 . ・ 東大ポポロ事件
Box 28
共青弟四回都総会案

都委員会.

Box 28
日本共産党七中総への批判 . 荒川 亘. 社会主義学労働者会議
Box 28
战闘 No. 36 原潜連退!! 共産主義青年同盟 1966 June 01.
Box 28
機動隊の弾圧を粉砕して正面ゲートへ. June 01.

マルクス主義学生同盟(中核派)

Box 28
教育学習部 通信 Oct. 16.

革命記念集会への学習.

Box 28
松川の勝利を祝して. 努力への介入をはかろう. 日本共産主義青年同盟
Box 28
Bulletin No. 1 平和共存と世界革命の理論 . 日本共産主義青年同盟

法大支部平和グループ

Box 28
新しい世代 平和友好祭・モスクワ平和大会. 機関誌. 共産主義青年同盟 1962 Oct. 05.

共産主義青年同盟都委員会.

Box 28
東京ニユース . 第八号 クリスマス島核実験反対. 1962 Apr. 09.
Box 28
思想活動部報 No. 3 戦後勞働運動史の問題点 長谷川 浩. 1962 July 18.

社会主義革新準備会

Box 28
軍縮と平和への新しい斗争を. 日本共産主義青年同盟 1963 Sept. 20.

慶應義塾大学支部.

Box 28
招請状 日韓会談阻止・全国学生の統一行動のための - 東京都学連執行委員会 1963 Apr. 19.

東京都自治会代表者会議への.

Box 28
*共青学習シリーズ* 弟3集 青年問題資料集 日本共産主義青年同盟 1963 June 09.
Box 28
社会主義革新運動準備会 趣意書・ 会則
Box 28
文学部定例学生大会議案 1964 年度春期 1964 May 22.
Box 28
青年学生運動革新会議 弟三回全国委員会決議.
Box 28
はじめに . 大学管理制度改革
Box 28
弟2回 日本共産主義青年同盟 拡大全国委員会.

プログラム.

Box 28
共産党・労働者党の国際的統一. 1969 年5月号 1963 May.

日本版脱落論文.

Box 28

Clippings or partial issues taken from one newspaper. Volume numbers for each issue are given. Arranged in date order.

社会参与を通じた学生運動 任重彬氏論文 上 任重彬. 1971 Mar. 21. Vol. 73

任重彬=梶井基次郞 (Kajii Motojirō )

Box 29
社会参与を通じた学生運動 任重彬氏論文 下 任重彬. 1971 Apr. 01. Vol. 74

大統領選挙…4/27に決まる

Box 29
朴政権はどこへ行く? 1973 Feb. 21. Vol. 136

Box 29
朝高校生への迫害に怒り. 1973 June 25. Vol. 146

青年論壇 (韓社研)

Box 29
南北共同声明の一周年を迎えて. 1973 July 11. Vol. 147

Box 29
共産圏に門戸解放/ 国際学術会議. 1973 July 21. Vol. 148

金総理が強弁

Box 29
民民統の 学習会に参加して. 1973 Aug. 05. Vol. 149

在日韓国青年学生の手記

Box 29
金大中氏さらわれる: 白昼に公然と東京九段のホテルから. 許 学寿. 1973 Aug. 21. Vol. 150

青年論壇: 情報政治に強い怒り: 金大中氏事件に接して

Box 29
金大中氏のソウル連行と自宅監禁. 宮崎繁樹. 1973 Aug. 22. Vol. 151

朝鮮統一問題資料集 - 朝鮮問題理解の原点 (明大教授)

Box 29
金大中氏事件の波紋: つひに南北関係を揺さぶる. 1973 Sept. 01. Vol. 152

Box 29
実り豊かな一大労作 - 南北朝鮮の統一 猪俣浩三. 1973 Sept. 11. Vol. 153

朝鮮統一問題資料史 (日本アムネステイ理事長)

Box 29
弟28回国連総会開く: UNCURKの解体. 1973 Sept. 21. Vol. 154

主張: 朝鮮民族の悲観と国連.

Box 29
韓国学生が反朴デモに立つ : 金大中氏事件の真相解明を要求. 1973 Oct. 05. Vol. 155

Box 29
ソウル大が同盟休校に: 反朴の気運さらに燃えひろがる. 1973 Oct. 15. Vol. 156

反朴デモ -韓国学生たち/ソウル法大 (photo)

Box 29
反朴闘争を継続する!: 不退転の決意表明 - ソウル大生. 1973 Nov. 01. Vol. 157

Box 29
国連の朝鮮問題討議 南北代表が参加. 1973 Nov. 11. Vol. 158

南北政府の覚書

Box 29
韓国学生の反朴デモ激化: ソウルの14大学が相次ぎ決起. 1973 Nov. 21. Vol. 159

主張- 韓国の民主化 対話再開

Box 29
七・四精神の国際的勝利 - 弟28回国連総会決議をみて 前韓民自党幹部KI. 1973 Dec. 01. Vol. 160

主張 南北共同声明を支持

Box 29
勢力が総攻勢の構え - 時期と方法. 1973 Dec. 11. Vol. 161

Box 29
反日救国の闘い先鋭化 : 韓日閣僚会議に断固反対. 1973 Dec. 25. Vol. 162

日本大使館に波状デモ

Box 29
決定的闘争で主体的統一祖国へ. 1974 Jan. 11. Vol. 163

主張 - 維新粉砕闘争の高まり

Box 29
朴 独裁が最後の賭け: 韓国民の孤立化ねらう. 1974 Jan. 21. Vol. 164

外国特派員も閉じ込め - 駐韓日本記者に照準

Box 29
民主勢力が果敢な抵抗 : 朴政権の緊急処置下で 1974 Feb. 01. Vol. 165

地下で改憲運動継続 - 維新体制

Box 29
青年論壇 - 日韓民主連帯を求めて: キ-セン観光に反対 松岡洋子. 1974 Feb. 11. Vol. 166

朴政権の強権発動は裏目に: 1・8 緊急処置

Box 29
反共のジンゴイズム [緊急処置]合理化. 1974 Mar. 01. Vol. 167

朴政権各地演出

Box 29
青年論壇 -韓国女性の人権を犯す 李陽子. 1974 Mar. 11. Vol. 168

米日が露骨なテコ入れ: [緊急処置]下の朴政権に

Box 29
南北関係が嫌悪に : 北側への反感. 1974 Mar. 21. Vol. 169

Box 29
[朴烈]における民族と人間究明 : 日本天皇への爆弾意志道程3 金一勉. 1974 Apr. 21. Vol. 171

民民統が集会とデモ : [4・19革命]14週年紀念

Box 29
[朴烈]における民族と人間究明 : 日本天皇への爆弾意志道程5 金一勉. 1974 May 05. Vol. 172

韓国言論界が朴政権と対決

Box 29
韓国に高まる反日の世論 : 形をかえた新たな反朴闘争. 1974 May 11. Vol. 173

朴政権支える日本に照準

Box 29
書評 -戦後の朝日関係を明快する : 戦後朝日関係史 高峻石. 1974 May 21. Vol. 174

朴政権に強い抗義 : 京都総会が韓国決議案を採択

Box 29
南北共同声明の早期実現を: 朝鮮統一問題資料史を読み返す 李千秋. 1974 June 11. Vol. 175

民主勢力の壊滅ねらう朴政権 -民青学連事件で起訴

Box 29
青年論壇 -民族民主権利を奪う: 政治活動の規制-名目 韓明哲. 1974 June 21. Vol. 176

破局に向う朴政権

Box 29
朴政権が暗黒の殺人裁判 : 金芝河氏ら14名死刑 日本人2名は20 年. 1974 July 21. Vol. 178

民青学連事件で軍裁判決

Box 29
朴大統領狙撃される: 光復節式典で陸夫人が死去 朴徳万. 1974 Aug. 21. Vol. 180

在日同胞反朴強化 : 朴大統領狙撃に思う

Box 29
新民党が反朴強める : 金泳三を総裁に 朴東雷. 1974 Sept. 01. Vol. 181

時論 : 李栄根一派の反民族策動を俳す

Box 29
人権民主への重大な挑戦 : 椎名特使の訪韓を糾弾して : 民民党が時局声明. 1974 Sept. 21. Vol. 182

Box 29
拘束学生と政治犯の釈放を. 1974 Oct. 01. Vol. 183

海外同胞運動の意義 : 日本の政策

Box 29
維新憲法の改正を求めて 朴東雷. 1974 Oct. 11. Vol. 184

時論 :日本[左派]猿まね : 対日隷属の象徴的現象

Box 29
改憲運動進む: 全知大学にデモ波及 李千秋. 1974 Oct. 21. Vol. 185

民族統一戦線結成: 南北共同声明履行

Box 29
青年論壇: [反日・民主]伝統築く 金一勉. 1974 Nov. 01. Vol. 186

改憲運動エスカレート

Box 29
改憲運動...最後の追込み“フォード訪韓”迫る中で 朴南海. 1974 Nov. 11. Vol. 187

時論: 国連朝鮮問題討議ひかえて

Box 29
フォード大統領訪韓 -韓米安保再確認. 1974 Nov. 25. Vol. 188

韓日関係修復の動き フォード歴訪契機に

Box 29
改憲を求めて[国民宣言] 1974 Dec. 05. Vol. 189

主張 - 韓日関係新たな展開 -三木新政権誕生に際して

Box 29
国連朝鮮問題タナ上げに - 変らぬ朴政権の 窮状. 1974 Dec. 21. Vol. 190

Box 29
韓国民主化で祖国統一促進を: 滅亡の道急ぐ朴政権. 1975 Jan. 11. Vol. 191

新年号

Box 29
東亜日報の闘争 : 韓国言論界が総決起 南玄明. 1975 Jan. 21. Vol. 192

青年論壇 : 激しく民主化を希求

Box 29
[ 国民投票]のボイコットを: 民主勢力闘争の改憲闘争勝つ!! 朴東雷. 1975 Feb. 01. Vol. 193

時論 : 反民俗分子のたわ言: 朝日ジャーナルの反論を読で

Box 29
民主回復への闘争強化 : 朴政権の[ 国民投票]はペテン 韓明哲. 1975 Feb. 15. Vol. 194

青年論壇: 主体的民族史開拓 : 日帝支配下で光明放つ

Box 29
[緊急措置]の拘束者釈放 : 朴政権事実上の降伏 朴東雷. 1975 Feb. 21. Vol. 195

時論 : 東亜日記記者の手記を読んで

Box 29
不滅の光を放つ三・一節 李千秋. 1975 Mar. 01. Vol. 196

誰のために鐘は鳴る

Box 29
[国家冒涜罪] をデツチ上げ: 野党を疎開してだまし打ち採決 中川信夫. 1975 Mar. 21. Vol. 197

書評 - [夜の沈黙に自由の鐘] - 民主化運動

Box 29
各戦線で奮闘する民主勢力: 本格的兆候示す学生運動. 1975 Apr. 01. Vol. 198

Box 29
朴政権は末期症状 : 学生デモが火を噴く 1975 Apr. 11. Vol. 199

高麗大を強制閉鎖

Box 29
統一革命へ向う韓国民衆 : 維新独裁打倒で四月革命完遂を. 1975 Apr. 21. Vol. 200

第200号 - 読者への感謝

Box 29
[統一革命党在日韓国人連帯委] 結成さる. 1975 May 01. Vol. 201

宣言・網領・談話文・呼訴文

Box 29
韓・米・日 反共体制再編に狂奔. 1975 May 11. Vol. 202

カンボジア・ベトナム解放にあわて

Box 29
統革党連帯委の時局見解: 民主政権樹立へ 許学寿. 1975 May 21. Vol. 203

青年論壇: ベトナム解放とわれわれ

Box 29
高麗大の激しいデモ / Photo document 1975 June 01. Vol. 204

Box 29
韓・米・日 戦争策動に狂奔 金一勉. 1975 June 11. Vol. 205

書評: [日本人と韓国人] 複雑な韓日関係解明.

Box 29
米日の援助反朴運動封殺狙う. 1975 June 21. Vol. 206

Box 29
祖国統一へ大前進 : 8・15 解放30年を迎え 金芝河. 1975 Aug. 15. Vol. 210

[良心宣言] 獄中から

Box 29
統革党との連帯強化 - 解放30年. 1975 Aug. 25. Vol. 211

統革党 - 記念講演会

Box 29
連日の弾圧裁判強行. 1975 Sept. 12. Vol. 213

金大中氏らに重刑求刑

Box 29
新たな闘争高揚: 民民統が大坂で開催 1975 Oct. 05. Vol. 214

国連と祖国祖国統一 上

Box 29
朝鮮労働党創立30周年大会開かる. 1975 Oct. 15. Vol. 215

国連と祖国祖国統一 中

Box 29
大詰め迎えた国連 : 北支持案可決は必至. 1975 Oct. 25. Vol. 216

国連と祖国祖国統一 下

Box 29
朴政権 - 留学生スパイ団事件を捏造. 1975 Nov. 25. Vol. 218

Box 29
民主化闘争各界で高まる : 愛国学生達決起 1975 Dec. 11. Vol. 219

Box 29
母国留学生弾圧許すな ! 朴政権スパイ団捏造抗議高まる. 1975 Dec. 25. Vol. 220

Box 29
人権侵害を糾弾し: 女性バス車掌抗議割腹. 1976 Jan. 15. Vol. 221

現代版奴隷商人の朴正煕 : 隷属的軌道修正して

Box 30
反朴祈祷会が再開へ. 1976 Feb. 01. Vol. 222

Box 30
生活できる賃金を - 韓国日報労働者決起. 1976 Feb. 21. Vol. 223

Box 30
緊急措置- 維新体制撤廃せよ! 1976 Mar. 11. Vol. 224

民主救国宣言を発表:金大中氏ら十二名連名で内外に強い反響

Box 30
民主闘争高まる, 反朴ビラも大量に撒布. 1976 Mar. 21. Vol. 225

青年論壇: 現代版奴隷商人の朴正煕

Box 30
民主救国宣言事件 - 金大中氏らを記訴. 1976 Apr. 11. Vol. 226

金芝河氏の公判開かる

Box 30
四月革命16周年 - 統革党連. 1976 Apr. 25. Vol. 227

朴独裁打倒決意

Box 30
ファツシヨ裁判やめよ: 民主救国宣言事件開かれる. 1976 May 15. Vol. 228

Box 30
反朴独裁は国民の権利 : 民主人士ら法廷で闘う. 1976 June 01. Vol. 229

Box 30
民主人士, 果敢に法廷闘争. 1976 June 15. Vol. 230

金芝河氏4回公判, 金芝河氏5回公判

Box 30
金大中氏ら四人が陳述 : 権末子士らが朴政権糾弾. 1976 July 01. Vol. 231

金芝河氏5回公判

Box 30
民主回復は死活問題. 1975 July 15. Vol. 232

民主救国宣言 - 8・9回公判

Box 30
大民族会議開催のため : 実務者会議を提起. 1976 Aug. 01. Vol. 233

祖国統一民民主義戦線

Box 30
[青脈]論説 - 親米路線の終着駅 3 朴正煕. 1976 Aug. 15. Vol. 234

統一革命党機関誌

Box 30
反米・反朴闘争の国際的強化:統革党連帯委が時局声明 田京植. 1976 Sept. 01. Vol. 235

青年論壇: 反共から連共への転換を

Box 30
米国は戦争挑発をやめよ: 朴政権臨戦化進める. 1976 Sept. 15. Vol. 236

Box 30
金大中氏の救出を 劉成浩. 1976 Oct. 01. Vol. 237

[青脈]日帝による民族語抹殺策動

Box 30
ソウル大生三百名がデモ: 維新独裁打倒呼ぶ. 1976 Nov. 01. Vol. 238

Box 30
駐韓米軍徹収問題に - 日本政府が横ヤリ 1976 Nov. 25. Vol. 239

Box 30
ソウル大生が維新打倒に決起. 1976 Dec.10. Vol. 240

朴正煕の不正を満天下に告発する!

Box 30
12・8ソウル大デモ: 高麗, 廷世大も連帯. 1976 Dec. 25. Vol. 241

金大中氏ら獄中断食

Box 30
統一革命党の旗の下に:反ファツシヨ民主闘争の一大前進を. 1977 Jan. 15. Vol. 242

朴政権崩壊の寸前に

Box 30
南北政治協商会議を開こう: 統革党が支持声明. 1977 Feb. 01. Vol. 243

Box 30
1・25救国方案 : 国内外一大反響 1977 Feb. 15. Vol. 244

支持, 共感の声強まる

Box 30
統革党連帯委時局時局講演会開く. 1977 Mar. 05. Vol. 245

米軍徹退・救国方案実現訴える

Box 30
民主闘争, 各界で火噴く:救国憲章・労働者人権宣言. 1977 Apr. 01. Vol. 246

統一革命党在日韓国人連帯委員会

Box 30
救国憲章署名運動 - 学生運動が再燃化へ. 1977 Apr. 20. Vol. 247

Box 30
各界の闘争を強めよう- 朴政権退陣叫び街頭デモ. 1977 May 05. Vol. 248

救国憲章署名運動

Box 30
英文パンフを発行 - 統革党連帯委 -. 1977 May 20. Vol. 249

' Korean Revolution and Reunification'

Box 30
国内対策でも汲々: 米国におし切られた協議 1977 June 15 Vol. 250

Box 30
カ-タ-政権 二つの朝鮮を策動. 1977 July 05. Vol. 251

Box 30
反帝反独裁聖戦に総決起しよう- 韓日軍事一体化促し. 1977 July 20. Vol. 252

統革党中央委が全主衆にアピール

Box 30
カ-タ-政権 公約違反の徹退政策:二つの朝鮮を露骨に策動. 1977 Aug. 15. Vol. 253

Box 30
カ-タ-政権 海・空軍力の強化・韓国軍増強. 1977 Sept. 05. Vol. 254

朴政権の片棒 かつぐ李哲承の反動的役割

Box 30
愛国主義の再吟味 上 孫鐘城. 1977 Sept. 25. Vol. 255

Box 30
ソウル大生千名デモ -政治犯釈放, 放緊急措撤廃叫ぶ 孫鐘城. 1977 Oct. 10. Vol. 256

愛国主義の再吟味 下

Box 30
延世大4千名立つ 朴独裁打倒を宣言. 1977 Oct. 25. Vol. 257

Box 30
各界で燃える闘いの炎:生存権闘争, 民主化の隊列拡大へ. 1977 Nov. 10. Vol. 258

ソウル大, 梨花大で闘争続く

Box 30

Whole issues of newspapers or clippings. Articles of individual interest are listed below, arranged in chronological order within each of their publication's title.

11・27佐藤内閣実力打倒に全力を! 1966 Nov. 15.

ベトナム侵略阻止, 公共料金値上反対, 一時金実力獲得!

Box 31
4・26, 27, 28 国際反戦・沖縄ゼネストで侵略・抑圧・反革命と対決し. 1968 Apr. 25.

防衛庁・政府中枢権力を攻撃.

Box 31
首相官邸突入へ全国総結集せよ. 1968 Nov. 01.

安保弟一波: 全国戦争騒乱罪をはねのける.

Box 31
佐藤帝国主義政府打倒 4・28安保沖縄政府中枢攻撃. 1969 Mar. 14.

70年安保粉砕 - 革命的戦闘部隊-共産主義青年同盟結成準備会-.

Box 31
全学連臨時20回大会反帝統一戦線創出の礎. 1969 Mar. 28.
Box 31
全学連臨時20回大会 86大学, 106自治会闘争委, 1800余名が結集 . 1969 Apr. 04.

安保粉砕/ 3・30三里塚.

Box 31
4・28帝国主義政府中枢占拠めざし. 1969 Apr. 11.

共産主義青年同盟政治集会.

Box 31
4・28政府中枢 - 霞が関占拠へ. 1969 Apr. 18.

侵 略, 抑圧, 反に抗し, 安保NATO粉砕.

Box 31
号外 : 4・28政府中枢占拠へ. 号外. 1969 Apr. 22
Box 31
全国総結集 政府中枢 霞が関占拠へ. 米田隆介. 1969 Apr. 25.

獄中通信: 安田戦の継承を確認.

Box 31
全国圧倒的な進撃! 4・28 - 沖縄. 1969 May 09.
Box 31
六月闘争-愛知訪米阻止・ 弟五回ASPAC粉砕. 1969 May 16.
Box 31
破防法・大学立法 粉砕し 訪米ASPAC阻止. 1969 May 23.

医学連五百デモ : 国会・文部省・厚生省に抗議.

Box 31
破防法粉砕攻撃- 愛知訪米ASPAC阻止. 1969 May 30.

佐藤訪米阻止.

Box 31
ASPAC粉砕川奈現地闘争 6・13集会. 1969 June 06.

ロジャ-ズ(米国務長官) 来日阻止.

Box 31
学園闘争勝利粉砕・日帝打倒 = プロレタリア独裁樹立. 渡辺数馬. 1969 June 13.

世界革命と階級過渡期闘争.

Box 31
日比谷公園七万結集: 反戦・全学連. 1969 June 20.
Box 31
官公労働戦突破口切開 : 安保決戦政治拠点スト. 1969 June 27.

共産主義青年同盟政治集会.

Box 31
大学立法 粉砕・学園闘争勝利・安保 粉砕・中央権力. 1969 July 04.

学園闘争勝利へ万余の昂陽!

Box 31
解党主義,無政府主義と闘い: 安保 闘争・日帝打倒. 1969 July 11.

世界党建設の礎. 八月弟二回国際会議かちとれ.

Box 31
全国全共闘結成 : 安保決戦の戰列強化. 1969 July 18.

同盟の党形成 - 階級形成の到達点.

Box 31
安保NATO 反革命同盟粉砕・沖縄帝国主義 的返還策動還粉砕. 1969 July 25.

7・29 ロジャ-ズ来日阻止.

Box 31
10月中央権力闘争へ. 1969 Aug. 08.

8 ・4 大学立法 粉砕緊急闘争 : 三千のデモ敢行 .

Box 31
安保決戦・日帝打倒・世界革命戦争へ. 9月4-9日総結集. 1969 Aug. 22.

共産主義青年同盟政治局.

Box 31
戦闘体制確立, 九月闘争安保決戦の砦に. 中村不二夫. 1969 Aug. 29.

獄中通信.

Box 31
9.15全関東反戦武装行動隊創出せよ. 1969 Sept. 12.

10月安保決戦への飛躍台.

Box 31
10.21を基軸に安保決戦・中央権力闘争. 1969 Sept. 19.

佐藤帝国主義政府打倒.

Box 31
安保決戦へ総進撃 : 10・7共産同政治集会/10・3全関西総決起集会. 山田宏. 1969 Sept. 26.

獄中通信.

Box 31
羽田闘争二周年 : 10・10統一行動. 1969 Oct. 03.

ベトナム反戦・安保粉砕・沖縄闘争勝利・佐藤訪米阻止.

Box 31
10・21神田-北大阪から政府中枢抑圧へ. 1969 Oct. 10.

諸党派の分解: 人民戦線左派 - ゲリラ戦派への.

Box 31
神田結集 - 政府中枢抑圧へ. 1969 Oct. 17.

10・10明治公園に十万結集.

Box 31
死力をつくして安保決戦勝利の11月闘争を. 1969 Oct. 24.

神田へ進撃市街戦を展開.

Box 31
機動隊粉砕の戦列で佐藤訪米阻止. 1969 Nov. 07.

分派闘争通し高揚するアメリカ.

Box 31
爆弾輸送阻止(山田-三沢/横田) : 12・12政治集会結集. 1969 Nov. 28.

日米琉の安保闘争で粉砕せよ.

Box 31
12・12/15東京/大阪 政治集会結集. 1969 Dec. 05.

軍団建設で反戦全共闘の再編を.

Box 31
70年安保春闘にむけて: 70年代階級的労働運動飛躍. 1970 Feb. 13.

小西を! 弟二波錬馬基地拠去へ全国行動委創出/恒常的叛軍闘争.

Box 31
5・29全国学園スト/6・11 政治集会. 1970 May 22.

七0年代世界革命戦争への飛躍[六月]へ!

Box 31
恒常的武装闘争の陣型強化. 1970 May 29.

六月へ総進撃.

Box 31
6・15防衛庁攻撃闘争. 1970 June 05.

松本礼二[副議長]除名.

Box 31
6・15防衛庁攻撃闘争! 1970 June 12.

腐敗分子=[情況][ 叛旗]派を放逐.

Box 31
ロジャーズ訪日阻止闘争. 1970 June 26.

七月全国反帝戰線結成.

Box 31
吉本幻想国家論・経済決定論の裏返し誤謬に依拠: 叛旗派国家論. 1970 July 03.

社学同・共青同全国合宿 - 全国反帝戦線.

Box 32
7・25,6日本反帝戦線結成. 1970 July 10.

7・7盧溝橋33周年に六千- ロジャーズ訪日阻止.

Box 32
帝国主義軍隊解体 -正規軍創出. 1970 July 17.

さらぎ/久保井両同志先頭に出廷.

Box 32
9・19防衛庁- 全国 基地解体. 1970 Aug. 21.
Box 32
グアムドクトリン・四次防粉砕 - 基地解体入管体制粉砕. 1970 Aug. 28.

七0年代権力闘争進撃へ火蓋を!

Box 32
中曽根訪米阻止. 1970 Sept. 04.

六回大会=旧マル戦的危機論.

Box 32
革命の正規軍を創出せよ! 1970 Sept. 18.

マルクス革命論の本質論的解明.

Box 32
帝軍解体-革命の正規軍建設-ソビエト型組織建設. 1970 Sept. 25.

防衛庁-全国基地解体-叛軍弟一波に決起.

Box 32
共産同政治集会 - 10・21防衛庁闘争へ. 1970 Oct. 09

10・8羽田3周年に万余の結集.

Box 32
10・21防衛庁闘. 1970 Oct. 16.

10・16政治集会基調報告- 混迷,分解する階級戦争の再編.

Box 32
10・21全国反帝戦線千四百余結集. 1970 Oct. 23.

機動隊の壁を突破-防衛庁攻撃を貫徹.

Box 32
10・21成果打ち固め 11・1自衛隊パレード粉砕. 1970 Oct. 30.

現代無政府社主義=赤軍派へ党派闘争の鉄槌へ.

Box 32
11・15沖縄国政参加選挙粉砕闘争. 1970 Nov. 06.
Box 32
15日沖縄闘争から叛軍現地闘争へ. 1970 Nov. 13.
Box 32
錯乱の超主観主義/革労協・社会党解放派批判. 1970 Nov. 20.

12・7AIF総決起集会新潟現地へ.

Box 32
ソビエトをめぐる諸派の誤謬を粉砕. 地区共闘建設. 1970 Dec. 03.
Box 32
全国叛軍連絡会議新潟現地で結成! 1970 Dec,13.
Box 32
スターリン主義打倒! 反スタマルクス主義粉砕. 1970 Dec. 18.

革命的マルクス・レーニン主義復権.

Box 32
右翼合同反対派を蹴散らし鉄の全国党建設. 1970 Dec. 23.

反同盟活動 除名者: さらぎ徳二

Box 32
1・17-18闘争に全国から総決起集. 1971 Jan. 13.

武装蜂起を組織するために・召還主義者との闘い.

Box 32
蜂起めざす単一党建設に進撃! 12・18政治集会成功. 1971 Jan. 15.

合法主義者 - 日向一派を容赦なく殲滅.

Box 32
革命の軍隊・地区共闘建設の全面的推進. 渡海俊治 1971 Jan. 23.

現代帝国主義分析: 方法論の諸反省.

Box 32
日向一派粉砕! 脱走兵に鉄槌 . さらぎ徳二 1971 Feb. 01.

国際主義と非公然の党 ・正規軍建設.

Box 32
反帝統一戦線の革命的再編. 室伏讓二 1971 Feb. 03.

スターリン主義解体: 右翼合同反対派の雑炊学批判.

Box 32
2・11紀元節粉砕闘争. 1971 Feb. 13.

沖縄闘争: 日比谷へ労学四千が結集.

Box 32
旧同盟系各派に不当捜索・党派闘争へ前進. 1971 Feb. 15.

日向体系破産の根拠: 方法論批判.

Box 32
3・15反帝戦線神奈川集会結集. さらぎ徳二 1971 Mar. 01.

宇野方法論の解体: 宇野整理主義=時空超越.

Box 32
3・13三里塚・叛軍闘争に総結集. 1971 Mar. 03.
Box 32
AIF叛軍 - 最後まで肉弾戦を貫徹! 1971 Mar. 13.

三里塚弟一次収用.

Box 32
野合右派・赤軍派・叛旗を粉砕 ! 1971 May 03.

沖縄現地弟三波スト報告.

Box 32
四・二八正規軍戦勝利/ 五・一九全国学園ゼネスト. 1971 May 13.

八派共闘再編止揚に邁進.

Box 32
4・28共産同[戦旗派]政治集会をかちとれ. 1972 Apr. 03.
Box 32
5・15遊撃戦で機動隊を粉砕! 1972 May 03.

5・13沖縄討論集会.

Box 32
遊撃戦貫ぬき機動隊を粉砕. 1972 May 15.
Box 32
号外 : つひに3・30開港を撃破. 号外 1978 Mar. 28.

軍事空港開港・農民殺し政策に正義の鉄槌下す.

Box 32
アジア侵略に実力闘争を: 沖縄「国政参加」を阻止せよ!. 弟1号 1970 Oct. 21.

70年代勞働運動と権力闘争

Box 33
日帝の沖縄併合とプロレタリア-ト. 弟2号 1970 Nov. 10.

勞評 - ソビエト運動をアジア的運動組合再編に抗して.

Box 33
日米反革命同盟を粉砕: 自衛隊派兵阻止を突破口. 弟3号 1971 Feb. 01.

大衆暴力の世界性を世界革命へ.

Box 33
三月沖縄闘争を準備: 自衛隊派遺阻止・返還協定阻止. 弟4号 1971 Feb. 11.

階級的勞働運動の組織的構築 : 都織労働者評議会結成.

Box 33
三里塚強制代執行第一週目・ざん壕要塞完全防衛す. 弟5号 1971 Mar. 01.

革命論構築のための方法論的諸前提. 上

Box 33
四月沖縄返還阻止闘争への結合を克ちとれ. 弟6号 1971 Mar. 20.

世界同時革命の戦略論的構造. 下

Box 33
沖縄返還阻止・三里塚強制代執行・選挙没入路線解体. 弟7号 1971 Apr. 01.

4.19 新入生歓迎集会.

Box 33
沖縄返還実力阻止・返還協定粉砕・ 三里塚沖縄闘争. 弟8号 1971 May 15.

沖縄・三里塚闘争と学生戦線の任務: 上 社会主義学生都同盟全協議会.

Box 33
軍事革マル主義者 = 戦旗派掃討戦. 弟13号 1972 Mar. 15.
Box 33
連合赤軍派事件 - 共産主義者同盟の自己批判. 弟14号 1972 Apr. 15.

三里塚鉄塔建設報告 .

Box 33
6・14共産同政治集会 特集号. 弟16号 1972 July 15.

権力闘争の時代の陣型構築. 松本礼二.

Box 33
同盟活動の基本方向・田中内閣の成立と日本列島改造論. 弟17号 1972 Sept. 10.

相模原闘争報告.

Box 33
プロレタリア権力闘争・新左派歴史的総括視点. 弟18号 1973 Mar. 10.

保守派人民運動の性格.

Box 33
七五春闘: [左] 右の修正主義への戦略・産業報国会阻止. 1975 Jan. 01.

マルクス主義世界観.

Box 33
労働者階級は支配階級? - 社会主義論と民主主義. マル青同. 1977 May 01.

翼賛政治の後尾.

Box 33
創意団結・自発献身! 労苦人民と青年は三無自己保身政治一蹴・救国済民-社会主義建国日本のために奮闘. マル青同. 1978 May 15.

秋期闘争: 反帝・救国・社会主義運動.

Box 33
解党主義(八木沢一派) と組織日和見主義(旧左派)粉砕. 1971 Nov. 15.

党名変更: 共産主義者同盟(RG).

Box 33
非合法党建設の弟二段階について. 1972 Mar. 25.

再びマルクス・レーニン主義 - 党組織の承継発展.

Box 33
連合赤軍の闘争に対する我々の態度. 1972 May 15.

連合赤軍の闘争と資本家階級-諸党派 - 知識人の対応.

Box 33
建党=建軍の総力 - 派兵直段直撃めざし. 1972 Jan. 25.

蜂起革命戦争の 後方.

Box 33
4・28-5・15 派兵直撃闘争に勝利せよ. 1972 Apr. 10.

過渡期世界の国際主義で国益論・民族排外主義を粉砕.

Box 33
派兵前段直撃の戦果ふまえ - 5・15記念式典粉砕. 1972 May 10.

防衛庁新宿地連強襲.

Box 33
6 – 7月更なる派兵直撃の戦列を-同盟の到達地平踏まえ 1972 May 25

蜂起戦争派の飛躍克ちとれ

Box 33
4・28-5・15へ進撃/日米帝侵略反革命同盟の結節環. 弟272号 1972 Mar. 20.

自衛隊沖縄派兵粉砕.

Box 33
北熊本-沖縄へ武装進撃=沖縄武装撃闘の砦とせよ. 弟273号 1972 Apr. 20.

反革命キヤンぺ-ン.

Box 33
北熊本-沖縄へ/ 5・15 首都総結集. 弟274号 1972 May 05.

ベトナム人民の大進撃 -自衛隊沖縄派兵を葬り去れ.

Box 33
発行の辞 - 共産主義者同政治局. 弟1号 1971 Jan. 20

"若疑シク覚候ハバ我等ノ所業終候処ヲ爾等眼ヲ開テ看ヨ".

Box 33
日本支配階級の帝国主義的再編粉砕. 弟2号 1971 Feb. 05

党-軍-統一戦線の陣型を強化せよ!

Box 34
[ 党-大衆]運動の現段階- 八派-全共闘の止揚! 弟3号 1971 Feb. 20.

三上治 日本革命思想.

Box 34
三里塚へ!! 総力戦へ. 弟4号 1971 Mar. 05.

神津陽 当世知識層の政治思想批判.

Box 34
4・28-5・15総力戦で沖縄返還/日流一体化を葬むれ. 弟29号 1972 Apr. 05.

日帝の泥沼的政治 - 社会再編粉砕.

Box 34
沖縄闘争の本格的潮流の創出へ. 弟30号 1972 May 05.

5・13沖縄討論集会.

Box 34
5・13沖縄闘争:返還-併合への全面侵攻を爆砕せよ. 弟31号 1972 May 20.

自衛隊立川基地本進駐阻止 / !6・11砂川へ .

Box 34
階級闘争の拡がり:沖縄-砂川-三里塚階級的契機は何か. 弟32号 1972 June 05.

日流一体化粉砕・6-11立川基地包囲制圧大行動.

Box 34
六・一五集会成功させ七十年へ戦闘対策. 1967 May 29.

砂川現地で一万二千の労学大集会.

Box 34
東大闘争: 機動隊導入・闘争圧殺粉砕. 1969 Jan. 20.

沖縄戦後史画す2・4ゼネスト.

Box 34
安保粉砕・立川基地挺去・拳銃発射攻議- 三・二砂川集会. 1969 Feb. 24.

全学連中央委27,28日大学・沖縄闘争.

Box 34
4・28沖縄奪還 学労十万の力で首都制圧・首相官邸占拠. 1969 Apr. 14.
Box 34
北小路候補選挙戦の火ぶた切る. 1969 June 30.

北小路を都議会へ.

Box 34
全学連大会: 決戦と学生共産主義者の任務. 1969 July 14.
Box 34
北小路候補惜敗. 1969 July 21.

杉並選挙闘争の総括.

Box 34
全学連,11月態制確立. 1969 July 28.
Box 34
佐藤内閣打倒へ進撃せよ. 1969 Aug. 04.

全大学バリケード暴挙粉砕.

Box 34
弟二の安田 -広島大につづけ. 1969 Aug. 25.

29学生, 30時間の激闘. 砦内外呼応し機動隊痛撃.

Box 34
9月大学攻防戦に勝ちぬき11月へ. 1969 Sept. 01.
Box 34
内乱死闘の七〇年代へ. 1970 Jan. 01.

反帝・反スターリン主義の旗の下-沖縄奪還,安保粉砕・日帝打倒.

Box 34
2・26革共同集会へ結集. .三里塚強制測量を阻止. 1970 Feb. 16.

七〇年闘争の総路線を提起.

Box 34
騒乱罪粉砕・三月調印を阻止 . 1971 Jan. 11.

全土で沖縄奪還の火の手:コザ暴動, 国頭, 毒ガス全軍労に続き.

Box 34
首都産別カクマル中枢に大鉄槌. 1977 Dec. 19.

12・6石橋せん滅に続け/ 十二月.三里塚決戦に全国結集.

Box 34
内戦 - 蜂起の道を進め. 1978 Jan. 09.

[動労千葉][ 町田] 決戦勝利.

Box 34
佐藤自民党内閣打倒. 1966 Dec. 12.
Box 35
労働者の実力闘争 ! 柴田三郎 1966 Dec. 19.

協力の具体的な組織化. 結党の疑問に答える.

Box 35
一九六七年 - 世界と日本. 1967 Jan. 02.
Box 35
戦争協力の砂川基地拡張反対. 1967 Jan. 16.
Box 35
5・28砂川集会. 滑走路真下の青年学生集会. 1967 June 05.

統一のなかで勝利の展望 .

Box 35
7・9 砂川集会全力動員. 1967 July 03.
Box 35
強力な十月闘争七〇年の破口 /佐藤のベトナムを介入許すな. 1967 Sept. 04.

学生運動新たな高揚めざして.

Box 35
佐藤内閣打倒. 1967 Nov. 27.

日米の侵略的軍事同盟の打破.

Box 35
成田空港反対. 1968 Mar. 18.
Box 35
沖縄に毒ガス配置. 1969 July 28.
Box 35
七〇年政治過程の第2ステシプ. 日米貿易経済委. 1969 Aug. 04.

共同行動11月佐藤訪米阻止.

Box 35
10・21戒厳令下の大激闘展望開く. 白川真澄 1969 Oct. 27.

10・31国鉄ストを基軸 ・拠点政治スト.

Box 35
第2期労働者党の飛躍的建設へ. 1970 Feb. 16.

いいだ書記長による大会討論の集約発言.

Box 35
2・28-3・1全国反戦討論集会/三千二百名総結集. 1970 Mar. 09.
Box 35
日米共同声明路線粉砕. 1970 Mar. 18.

4月闘争の大衆的爆発.

Box 35
4月闘争の大衆的爆発をかちとれ. 1970 Mar. 23.
Box 35
拡大する米兵叛乱・帝国主義軍隊の崩壊. 吉川勇一 1970 Apr. 06.

米軍隊内部の反戦・反軍闘争.

Box 35
佐藤政府と闘う人びとの隊伍を4・28へ. 1970 Apr. 13.
Box 35
70春闘の最後局面打ちぬけ. 1970 Apr. 20.
Box 35
4・28沖縄統合粉砕の火柱を. 1970 Apr. 27.
Box 35
米帝のカンボジア侵攻弾劾. 1970 May 11.
Box 35
インドシナ革命勝利へ. 1970 May 18.
Box 35
インドシナ革命勝利! . 1970 May 25.

安保=日米共同声明路線粉砕.

Box 35
戦闘的米帝デモの巨波. 1970 June 15.

安保厳戒体制を突破せよ.

Box 35
ゼネ石精労組にロック・アウト攻撃. 1970 Aug. 10.
Box 35
総力で入管法再上程阻止に決起せよ. 1970 Aug. 24.
Box 35
入管体制の反革命的再編を打ち砕け. 1970 Aug. 31.
Box 35
全軍労四八時間スト決行. 1970 Sept. 14.
Box 35
10月闘争の高揚の中から強固な反入管戦線戦へ. 1970 Oct. 01.
Box 35
10・8のをふまえ真に国際主義的な反入管戦線戦へ. 1970 Oct. 11.
Box 35
入管闘争の全面的, 恒常的発達を. 都職社研 1970 Oct. 21.

差別撤廃闘争の方向.

Box 35
北富士, 米軍演習を阻止. 1970 Nov. 01
Box 35
全国反入管戦線から11・22へ総結集. 1970 Nov. 11.
Box 35
糟谷孝幸虐殺一周年党政治集会. 1970 Nov. 21.

革命党建設にむかって.

Box 35
三里塚・地下壊死-持久決戦勝利へ. 1971 Mar. 11.

三里塚農民と生産 - 生活 - 闘争.

Box 35
三里塚久戦を堅持し春期攻撃へ. 1971 Apr. 01.
Box 35
インドシナ・朝鮮・沖縄人民に, 四月連続闘争. 1971 Apr. 11.
Box 35
秋期政治決戦の火蓋きる. 1969 Sept. 08.

早大学館死守戦 - 愛知訪米阻止闘争 - 全国全革闘結.成

Box 35
対政府実力闘争の波状的展開佐藤帝国主義政府を打倒. 1969 Oct. 08.

撤点政治スト.

Box 35
安保決戦 - 不抜の陣地階級. 1969 Sept. 15.

70年代前衛党創出へ.

Box 35
4・28-5・15沖縄闘争の大衆的昂揚- 70年代闘争の持続的発展. 1972 Apr. 15.
Box 35
沖縄の帝国主義的併合粉砕. 1979 Nov. 15.
Box 35
自衛隊に叛乱の焔. 1969 Dec. 08.

平和と社会主義 改題

Box 35
安保粉砕, 春期大功勢進撃開始. 1970 Jan. 18.

全国労スト - 三里塚総結起 - 統社同政治集会.

Box 35
真紅の階級的団結を勝ちとろう. 1970 Feb. 18.

国際 - アジア反帝闘争.

Box 35
土地収用阻止期大進撃. 1970 Feb. 28.

三里塚闘争.

Box 35
反戦派討論集会 - 巨大な歴史的成果収め終る. 1970 Mar. 08.

全国各地から1万名参加.

Box 35
6月決戦! 激闘の10日間間ぬく. 1970 June 28.
Box 35
自衛隊兵士反軍抑圧粉砕せよ. 1970 July 18.
Box 35
沖縄・入管・反軍闘争 - 日帝の侵略・反革命対決せよ. 1970 Sept. 18.
Box 35
全労働者の統一戦線 佐藤内閣反動路線対決. 1965 Feb. 05.
Box 35
11月佐藤訪米阻止. 1969 Nov. 05.

レーニン主義の網領 /中核派への公開状.

Box 35
5・3闘争意義の打固め6・15集会へ. 1969 June 15.

愛知訪米阻止・70年安保粉砕.

Box 35
10・21首相官邸占領・包囲!! 1969 Oct. 15.

工場から反乱, 政治的頂点を震憾, ゼネスト怒濤の進撃!!

Box 35
反 代々木諸派との党派闘争を全同盟的に推進. 1969 Dec. 01.
Box 35
大学解放の為に - 日大経済学部拡大活動者会議. 創刊号 1970 Sept. 25.

連合戦線を構築せよ

Box 35
戦線報告・九州大学反戦学連. 弟2号 1970 Nov. 01.
Box 35
出席制度・教室使用制限処分策動. 1970 Nov. 19.

学内問題特集号.

Box 35
沖縄の闘い - 調印阻止闘争の飛躍. 1971 June 15.
Box 35
白昼の饒舌を撃て- .圭子の夢は夜ひらく. 麒麟児 研 1970 June 20.
Box 35
日共=民青黄色糞尿一部自治会を解体せよ. 1972 Apr. 10.
Box 35
George Orwell essays 牧 雅夫, 1968 Mar. 07.

良識と反良識との葛藤に感銘 .

Box 35
5・30 - 六月沖縄返還協定調印阻止闘争. 1971 May 20.
Box 35
早稲田船上大学報告 - 特集. 1971 May 21.
Box 35
一五OO号記念特集号 . 第一部, 第二部, 第三部. 第二部 1970 Dec. 07.

反戦派労働運動の到達点とその課題.

Box 35
層としての運動を. 門松暁鐘 1965 Sept. 09.

学生運動研究会会員.

Box 35
編集部に強権的解散処分 . 号外 1971 Apr. 08.
Box 35
編集部中心に再建確約 . 再刊第一号 1971 Oct. 07.
Box 35
沖縄闘争の新たな展開を . 再刊第二号 1971 Nov. 11.
Box 35
学費値上理事会正式決定 . 再刊第三号 1971 Dec. 16.
Box 35
経営改革委員会最終答申. 再刊第四号 1971 Dec. 23.
Box 35
詩とはXXである - 詩人とは黒き犯人である. 新年号 1972 Jan. 06.
Box 35
12日, 和泉で武装衝突. 再刊第六号 1972 Jan. 13.
Box 35
戦旗派による生協の営業妨害濃厚 . 1972 Jan. 20.

党派間政治の矮小を拒否.

Box 35
さらなる寮闘争自主選考の大要を発表. 1972 Jan. 27.
Box 35
戦旗派の編集部・マップ共闘への恫喝を糾弾する. 1972 Feb. 03.
Box 35
狭山差別裁判・ 2月公判: 1972 Feb. 10.

8・10・15日実質上, 二月結審粉砕す.

Box 35
民主と戦士の時代 : 確実に反撃を開始 . 滝田 修 1972 Feb. 24.

朝霞事件・一一・一Oゼネストの波紋 .

Box 35
三里塚空港粉砕・六月開港阻止: 3・12 住民集会. 1972 Mar. 09.
Box 35
沖縄返還を撃て: 15日, 批准交換粉砕集会. 1972 Mar. 23.
Box 35
日共民青: 落合執行部を僣称. 1972 Apr. 06.

吉本隆明をめぐる思念・匿名の裸での自立と連帯.

Box 35
No. 31, 1966 Nov. 29.
Box 35
70年統一戦線全国全共闘連合を建設. 1969 July 22.
Box 35
勝利・進撃を革命の70年代 . 1969 Dec. 02.
Box 35

Subject Headings

Preferred Citation

[Identification of item], Masaki Motoi Collection of Japanese Student Movement Materials, David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library, Duke University.

Provenance

The Masaki Motoi Collection of Japanese Student Movement Materials were received by the David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library as a gift from Masaki Motoi, Casa de Cuba, Tokyo, Japan in 2007.

Processing Information

Processed by Yasuko Stewart and Paula Jeannet Mangiafico, August 2008

Encoded by Paula Jeannet Mangiafico, December 2008

Collection acquired by East Asian Studies in 2007 and transferred to the David M. Rubenstein Rare Book & Manuscript Library, is described in this finding aid.

Descriptive sources and standards used to create this inventory: DACS, EAD, NCEAD guidelines, and local Style Guide.

This finding aid is NCEAD compliant.